学園祭の女の子のクオリティが高い!

学生時代、誰もが学園祭で出し物をしたことがありますよね。
思いっきりはしゃいでいた楽しい思い出があるでしょう。
そんな思い出を連想させてくれるセクキャバが、学園祭なのです。

女のおっぱいに思いっきり触りたい、若い女の子とイチャイチャしたいと思ったら、学園祭に行くのが一番でしょう。
学園祭にはクオリティの高いかわいい女の子がいるので、オキニちゃんもすぐに見つかります。
そんなわけで、女の子とのイチャイチャを求めて、学園祭に足を運ぶことにしました。
女の子がどのような催し物をしてくれるのか期待に胸が膨らみます。

学園祭までのアクセス

夜 日本学園祭の最寄り駅は池袋北口駅です。
池袋北口駅では、ルートが3つに分かれていますが、真ん中のルートから右の線路沿いを歩いていきます。
しばらく歩いていくと道が2つに分かれているので、ドンキホーテのネオンを目印に左へ進みます。

そのまま進んでいくとトキワ通りの交差点があるので、信号を渡ります。
信号を渡ったあと左に曲がると巣鴨信用金庫の池袋支店がありますが、その隣のレスタージュ池袋ビルに学園祭が入っています。
一階にはつけ麺屋が入っています。
ビルの前のエレベータの前で待っていると、客引きスタッフに声をかけられました。

学園祭には前行ったことがあり、オキニちゃんがいるので、その子の出勤状況をきいたり、最近入った新しい子のことをきいたりしました。
前も会ったことがあるので、顔なじみのスタッフで、気軽に話すことができます。
学園祭は5階にあるので、エレベータで5階まで上がりました。

学園祭の料金システムと店内

電卓エレベータで5階に到着すると、受付がありました。
学園祭は前に行ったことがあり、初回クーポンは利用できないため、通常の料金についてききました。
学園祭は、1セット40分で、13時〜15時が7,000円、15時〜18時 が 8,000円、18時〜21時 が9,000円、21時〜ラストまでが 10,000円と3時間ごとに1,000円ずつアップする仕組みになっています。
延長する場合は、20分5,000円、40分10,000円となります。

指名料が3,000円、場内指名料は2,000円、同伴料は80分セットで22,000円です。
前回来たときに割引クーポンをもらっていたので、使えるか確認したところ、大丈夫との答えが返ってきたのでラッキーでした。
なんと、40分5,000円で案内してもらえたのです。
そして、いよいよ中へ入ることになりました。

店内のしきりはそれほどきっちりしていませんでしたが、照明が暗く、BGMはうるさめでした。
目や耳が慣れるまで少し時間がかかるかもしれないと思いながら、歩いていきます。
キャストの女の子は店名が学園祭ということもあり、制服姿のコスプレをしていました。
ビールを注文し、それが到着したのは早かったのですが、女の子がなかなかやってきませんでした。

催促しましたが、忙しい時間で人手が足りていないようでした。
しばらくスマホを触っていると、やっと女の子がやって来ました。

清楚系でかわいい女の子

女性 かわいいやって来た女の子は清楚系でとてもかわいいアイドルのような感じでした。

来た瞬間に思わず「ヤッター」と叫んでしまいそうでした。
店内は暗かったのですが、それでも女の子のかわいらしさがはっきり分かるほどオーラがあるのです。
いきなり、「今までセクキャバでいろんな女の子見てきたけど、君が一番かわいいな。」と言ってしまいました。

そうすると、「いやいや、かわいい子他にたくさんいますよ。」と謙虚な感じです。
「顔がかわいくても性格がかわいくない子もいるしね。」と言ってみると、かわいく笑っていました。

そんな会話をしながら、少しずつ距離を縮めていきます。
この女の子は、学園祭で働き始めて間もないとのことで、ういういしさが感じられました。
業界慣れしていない女の子って純粋でいいなと感じます。
どんなにかわいい子でもあまり長くこの業界で働いていると慣れが出てしまうのです。

その女の子と話していると、猫好きということが分かり、共通で知っている猫グッズのお店で盛り上がりました。
今日サービスをたくさんしてくれたら、そこでお土産を買ってきてくれるという約束をするなどして、少しずつ距離を縮めていきます。
セクキャバで距離を縮めるコツは共通の話題を見つけることだなって思います。
たくさんトークを楽しんだところで、そろそろイチャイチャしたいなと思い、そっと女の子の肩に手をまわしました。

細身には見えますが、ガリガリではなく、程よい肉感があるので心地良いのです。
髪の毛もとてもきれいで香りも良く、思わず匂いをくんくん嗅いでしまうほどです。
鼻息が荒いことを女の子に指摘されてしまいました。
次に女の子をそっと抱きしめます。

抱きしめた感覚が心地よすぎて、身体がとろけそうになりました。
ぎゅっと抱きしめたあとは一旦離れ、キスをしてみます。
真っ赤な唇に触れられると思うと、ドキドキが止まりません。
女の子の唇がちょっと触れると、すごく幸せな気持ちになり、本当に来て良かったと心から思えました。

ハグとキスが終わったあと、女の子に「上にまたがってもいいですか?」と言われたのでうれしくてたまりません。
もちろん!と女の子を上に乗せます。
女の子は華奢なので、重さをほとんど感じませんでした。

しばらく、女の子を膝の上にのせた幸せ感に浸ります。
そして、再びキスする流れになりました。
今度はかなり濃厚なディープキスです。
にゅるにゅると舌が絡んでくると同時にかなりの快感を感じます。

アイドルのようなかわいい女の子とこんなに濃厚なディープキスができることってそんなにないですよね。
今まで味わったことのない幸せを感じます。
「このキスやばいなあ」と思わず声に出してしまうと、女の子はさらに濃厚なディープキスサービスをしてくれました。
次はおっぱいにチャレンジです。

まずは女の子の服のボタンを外し、乳首をしっかり確認します。
かわいい乳首だったので思わずつんとはじいてしまいました。
すると女の子が赤くなってとてもかわいいのです。
たまらなくなって、ひっぱったりコリコリしたりして遊びます。

そしてそのまま乳首周辺をタッチしたりおっぱいをもみもみしたりします。
女の子も気持ちよくなったらしく、触って欲しいと言われたので、乳首を舐めてみます。
女の子の身体がびくっとなるのを感じ、こっちまでドキドキしてきました。
いいところで、ボーイが登場し、「お時間です。」と言われてしまいました。
ここは絶対延長するぞと思いましたが、人気者なので、別のテーブルに呼ばれてしまいました。
やはりこんなにクオリティの高い女の子は人気ですよね。
終わりが中途半端で、かなり消化不良に感じたので、次絶対に本指名したいと思います。

かなり満足できる女の子に出会え、オキニちゃんになりました。

学園祭の女の子のクオリティは本物!

学園祭で出会った女の子のクオリティの高さはすごかったです。
おっぱい、キスなどこんなに濃厚なプレイができるなんて、思ってもいませんでした。

それに、料金も比較的リーズナブルですし、スタッフの接客もとても良いのです。
レベルの高さを実感させられました。
想像以上のクオリティだったので、延長を確信したところで女の子が行ってしまったのが残念でしたが、次回また来たいと思えるような幸せな時間を過ごすことができました。
大人になってからのこういう学園祭も魅力的だなと思えるのです。

女の子とイチャイチャしたいときは学園祭に行くつもりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする