池袋の和風セクキャバスーパー越後屋で乱れる殿になれる

今日も仕事を終え自宅に向かう僕。
と、「何だかちょっと今夜はムラムラしてるなー。」と思う。
今日は金曜日だったこともあり、かなりの仕事量だったのです。

忙しい日はストレスだらけ。
もう、、こんな日は、、、「セクキャバに行ってエッチなお酒を楽しむしかないぞ!!
というわけで、以前から目を付けていた和風セクキャバ「スーパー越後屋(スーパーエチゴヤ)」に向かいます。
こちらのお店は激カワで激エロな女の子が「和服」でエッチなサービスをしてくれるお店。

もちろん、セクキャバなので「ヌキ」はありませんが、僕の心を癒してくれるのはエッチな女の子との楽しいお酒だけです。
とにかく今夜は「和服の美人と乱れたい」という一心で一路池袋駅に向かいます。

和服で激カワ嬢と乱れられて40分5000円は安い!

和今回僕が行ったのは池袋にあるセクキャバ「スーパー越後屋(スーパーエチゴヤ)」です。

こちらのお店は和風セクキャバ
和服になった激カワな女の子のおっぱいを揉みまくれるお店です。
池袋駅に着いた僕は早速西口からでて歓楽街の方を目指します。
北西方面に歩いて3分。

歓楽街の端の方にお目当てのお店はありました。
場所は「ロサ会館」の地下1階。
ビルを目印に行けば割と分かり易い場所にあるはずです。
地下の入り口まで下りるとそこには落ち着いた大人な雰囲気のお店が。

胸の高鳴りを抑え扉を開けると中には紳士的な雰囲気のボーイさんが僕達を迎えてくれました。
とりあえず40分の1セットのみ遊ぶことを告げ、奥のソファー席に案内されます。
店内にはもうすでにお客さんと和服姿の女の子がチラホラ
どんな女の子とエッチなことが出来るのか楽しみな僕は女の子が来るのを待ちます。

こちらのお店は40分5000円とかなりのリーズナブルな価格設定
ただし20時以降は6000円、21時以降は7000円と段々値上がりしますので注意が必要です。
飲み放題のメニューも揃っていてお酒好きな方でもばっちり対応できます。

清楚な雰囲気のEちゃんに優しくされて僕はもうメロメロ

恋愛 ハート「こんばんは。Eです。宜しくお願いします。」

ちょっと大人な雰囲気で清楚な落ち着いた感じのEちゃんがまずは席に来てくれました。
おっぱいはそこまで大きくなさそうですが、スッキリした顔立ちが和服にピッタリと合っています。
真っ白い肌もまさに大和なでしこそのもの。
水色の和服が清潔感がありEちゃんにピッタリです。

まずはドリンクを頼んで二人で乾杯!!
「今日はお仕事だったんですか?お疲れ様です。」
綺麗なEちゃんの笑顔に僕は完璧にノックアウト
仕事の疲れも一瞬で吹き飛びます。
水色の和服の胸元から見えるエッチな真っ白い肌が僕の股間を元気にしてくれ、もう興奮は止まりません。
まずはEちゃんの腰に手を回して密着

Eちゃんの茶色いロングヘアからはいい感じのシャンプーの香りが。
この香りを嗅ぐだけでさらに僕のイチモツはムクムクとうなりを上げていました。
ツルツルの素材の和服衣装の上を指で滑らせお尻付近をサワサワすると
「あ、、おしり、、いきなり触っちゃうんですか?あ、、」
と言いながら体をくねらせ感じるEちゃん。
めっちゃエッチな雰囲気がたまりません。
Eちゃんは24歳のOLさんで、夜だけこのお店で働いているそうです。

通りで落ち着いた大人な雰囲気なのですね。
こんなに可愛いOLと一緒に働けたらもう毎日が幸せ過ぎます。
落ち着いた雰囲気のEちゃんがエッチに小声でささやくように喘ぐ姿は普段のEちゃんとは違うギャップがあってめちゃくちゃ興奮。
そのまま僕の右手はEちゃんのおっぱいに攻め入ります。

昔の悪代官はこうやって遊女とエッチなプレイを楽しんだのでしょうね。
Cカップくらいの小ぶりな胸を揉みまくると、、「あ、、、おっぱい触るんですか、、あ、、結構上手いんですね、、触り方がえっち、、」
またもや体をくねらせ続けるEちゃん。
清楚な雰囲気なのに感度は良好の様です。

水色の和服の胸元から見える真っ白い肌に心を奪われた僕は勢いのままEちゃんの和服の内部へ出陣します!!
真っ白い肌はサラサラの触り心地でおっぱいはめちゃくちゃ柔らかいのです。
「あ、、中に、、、入れちゃうの?
、、すごい、、上手ですね、、」

そのままおっぱいの先っちょの辺りを指でいじいじしまくると、、「あ、、乳首はダメです、、すごく感じるんです、、あ、、あん、、、」
Eちゃんの小ぶりなおっぱいの先っちょにあるちょっと大き目な乳首はあっという間に勃起。
コリコリ状態になります。
そのまま指で乳首をいじりまくるとさらにEちゃんは体をびくつかせて

「あ、、あん、、、もうダメ、、、えっちですね、、」
吐息交じりに喘ぎまくるEちゃんは完全に激エロ嬢確定です。
真っ白な頬をちょっと赤らめながら吐息は段々荒くなってきます。
我慢できなくなった僕は一気にEちゃんにキスを。

「あ、、キスはだめ、、あ、、あん、、」
興奮していた僕は舌先をEちゃんの柔らかい唇の中に入れていきます。
「あ、、ん、、すごくうまい、、ですね、、、ん、、、」
と舌を絡め合いながらまるで恋人のようなひと時をEちゃんと過ごすことが出来ました。

と、ここでEちゃんとのエッチなプレイタイムは終了
まじで連れて帰って本番をしたい!!そんな気分でした。

巨乳でエッチなAちゃんにノックアウトされる

胸「こんばんは。Aです。宜しくお願いします。」
次に僕のところに来てくれたのはAちゃん。

23歳だという彼女からはどこか妖艶な大人な雰囲気
さらにAちゃんの胸元には「見事な巨乳」が鎮座しています。
もう僕はその巨乳を揉みたくて仕方がありません。
まずはAちゃんを隣に座らせてからドリンクで乾杯。

肩に手を回して密着しまくりです。
茶色いAちゃんのロングヘアから香るシャンプーの香りで僕のイチモツは段々と硬さを増していきます。
黒と赤の和服を着たAちゃんからは大人の色気すら感じてきて、思わずAちゃんに触りまくってしまう僕です。
腰に回した右手は段々とAちゃんのお尻の方へ近づいていき、、お尻をさわさわ撫でまくると、、「あ、、すごい、、えっちな触り方ですね、、、もう、、」

とちょっと落ち着いた感じで言ってくるAちゃんはまさに大人な女
まるで僕と歳が一回りも離れているなんて思えません。
黒い和服から見える真っ白な太ももも触りつつ今度はいよいよお目当ての胸元へ出陣を決め込むエロ代官。
柔らかい最高級のマシュマロおっぱいです。

「あ、、いきなりおっぱい触るんですか?
あ、、、でも、、すごくいいです、」
マシュマロおっぱいをモミモミするとすぐに喘ぎ声を吐息交じりに出すAちゃん。
真っ白い頬を赤らめながら感じています。

と、ここで店内のBGMに変化が。
ライティングも暗くなっていきます。
お待ちかね、セクキャバ恒例のダウンタイムです!!
Aちゃんはするっと肩から和服を脱ぎおろして豊満なおっぱいをぷりんと出します!

そこにはちょっと大き目な乳輪と可愛らしいピンク色の乳首が!!
僕のギンギンになったイチモツが鎮座する股間の上に跨るAちゃん。
「あれ?
凄く硬くなってますね、、おっきい、、、すごいです、、」

と言いながら軽く手でイチモツをタッチ
そのままAちゃんは僕の腰の上でエッチに動き続けます。
僕の目の前には真っ白いマシュマロおっぱいが上下に動いています。
両手で巨乳を揉みしだくと、、「あ、、あん、、、。


とさっきまでより興奮した声で喘ぐAちゃん。
さらに乳首を指でいじりまくるとすぐに乳首はコリコリ状態に!!
「あ、、、すごい、、ダメです、、めっちゃ感じちゃう、、、あん、、」

とさらに激しく喘ぐAちゃんの吐息が僕に当たります。
コリコリになった乳首を指でいじりまくった後、我慢できなくなった僕は舌先でペロリ
「あ、、、だめ、、舐めたらダメ、、でも、、すごくいい、、」
とエロさを隠せないAちゃんはまさに「激エロ大和なでしこ」と言ったところでしょうか?

真っ白い肌もいつの間にかピンク色に赤らんで、興奮しているのが僕にもよく伝わってきます。
そのままおっぱいを揉みまくりながらAちゃんのプルプルになった唇に舌をねじ込んでいきます。
「あ、、、キス?、、舌はダメです、、ん、、、」

とちょっと拒みながらも僕の舌を受け入れたAちゃんは自分の舌先も物凄いエッチな動きで絡めてきます。
まさにAちゃんがキス好きなのが伝わってくるエロエロな舌の動き
僕の興奮はマックス状態でイチモツからはエッチな我慢汁が出ていたかもしれません。
そのままAちゃんの乳首を触りながら時間はあっという間に過ぎて終了。

最高のAちゃんとの時間を楽しめました。

溢れるダイナマイトボディが妖艶なMちゃん

胸「こんばんは。Mです。宜しくお願いします。」
最後に僕のところに来てくれたエロエロおな女の子はなんとAちゃんよりもさらに巨乳!!
Eカップ以上はありそうなダイナマイトボディのMちゃん。

とりあえず、巨乳に目を奪われながら隣に座らせて乾杯
25歳のMちゃんはこのお店で働きながら生活をしている一人暮らしの女の子だそう。
もう、興奮してギンギン状態の僕はさっそくその「Mちゃんの超巨乳」を揉みに戦に向かいます!!
こんなに揉み心地がいいおっぱいを揉むのは初めてかも?

と思わせるおっぱいの感触です。
「やだ、、、いきなり、、、でも、、すごくえっちな触り方、、あん、、もう、、」
といきなり揉まれることもまんざらでもない様子のMちゃん。
茶色いロングヘアと着ていた薄ピンクの和服が妙にマッチしていてエロさ抜群です。

開けた胸元から覗く大きな谷間がエロさのポイント!!
鼻息荒くおっぱいを揉みながらも僕の右手はMちゃんの下半身の方へ。
まずはお尻の触り心地をチェック。
短めの和服の衣装の上からもお尻の生暖かさを感じます。
「あ、、あん、、お尻も、、、感じます、、あん、、」
とまさに全身が性感帯なのか?
と思わせるほど感じまくるMちゃん。

と、ここでまた店内のBGMがノリノリに変化!!
またダウンタイムの様です!!
Mちゃんは着ていたピンクの和服をするっと脱ぎ捨て豊満おっぱいを惜しげもなく丸出しにします!!
ちょっと大き目な乳首がこれまたエッチです。

もう、ギガマックス状態の僕のイチモツはまさに江戸城天守閣のように凛としてそこに鎮座しています。
ズボンはもう破れてしまうのではないかと言うほどの硬さです。
Mちゃんはそのイチモツをそっと手でよけて僕の腰の上にまたがってきます。
エッチな腰の動きで合わせて揺れるMちゃんの超巨乳。
僕の目の前で上下に揺れ動くそのおっぱいはまさに極上品です。

そのままMちゃんの巨乳を揉みしだきながら乳首をいじいじすると、、「あ、、乳首めっちゃ感じるんです、、あん、、、と声を出しながら体をびくつかせるMちゃん。
乳首はすぐにコリコリに勃起しています。
江戸時代のお殿様はこうやって遊女たちの乳首をコリコリにして楽しんでいたに違いありません。

そのままお酒も入っていた僕はMちゃんの乳首を舌先でペロリ
「あ、、舐められるとすごく感じます、、あ、、あん、、」
嫌がりもせずむしろ、舐めて欲しいと言わんばかりのMちゃんは正真正銘の激エロ巨乳娘。
しかも腰の動きはまさに肉棒を欲しがる雌のような動きです。
そして、興奮しまくっている僕はさらにMちゃんのプリプリで大きな唇を奪いに行きます。
待っていたかのように僕の舌先を受け入れるMちゃん。
互いの舌先はMちゃんの口の中で激しく絡み合います。
「あ、、あん、、キスも凄く上手いですね、、、興奮します、、」

きっとMちゃんの下半身のお口もぐちょぐちょ状態だったに違いありません。
こんなにエロイキスと腰遣いをする女の子が濡れないわけがない!と思った激エロタイムでした。

そのままMちゃんのおっぱいとお尻を触りまくりながらエッチな時間はあっという間に過ぎてしまいました。
こんなにボリューム感のあるエロイ時間を過ごしたのは初めてかもしれません。

「スーパー越後屋(スーパーエチゴヤ)」のまとめ

というわけで、今回は池袋にある和風セクキャバ「スーパー越後屋(スーパーエチゴヤ)」でめっちゃエロイ時間を過ごしてきました。
40分5000円でここまでレベルの高いエロエロタイムを過ごせるなら間違いなく破格の料金設定です。
しかも、女の子のルックスも悪くありません。
たった5000円で江戸時代のエロ代官にでもなった気分を味わえました。
これから僕は2度目の戦に行こうと思っています、、、。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする