上野ショムニはOL系のかなりクオリティの高いセクキャバ!

会社ではどんなに美人がいても、いちゃいちゃすることはできないですよね。
女の子のおっぱいをもみもみしたい、女の子といちゃいちゃしたいという欲求があっても、できないというのはストレスがたまってしまうのです。

特に仕事で嫌なことがあると、女の子とのいちゃいちゃを求めてしまいます。
そんなとき便利なのが、OL系のセクキャバなのです。
なんと、OL系のセクキャバが上野にあるという情報をキャッチし、実際に行ってみることにしました。
それがショムニというセクキャバです。

上野ショムニへのアクセス

夜 日本ショムニは仲町商店街の中にあるセクキャバです。
上野広小路駅から徒歩2分という便利なアクセスなので、比較的行きやすいです。
上野広小路駅についたら、まずC出口へ向かいます。

ファミリーマートが入口にあるので、それを目印に仲町通りのアーチに入り、まっすぐ進みます。
そして、3つ目の曲がり角の先に鬼太郎寿司の看板が見えるのですが、そのビルがショムニが入っている第5藤井ビルです。
自分が行ったのは平日だったので、あまり人通りは多くありませんでした。
ビルの前には客引きスタッフがいたので、「かわいい子いますか?」と声をかけてみました。
すると、「タイミングいいですね!今かなりかわいい女の子が揃っていますよ!」とノリノリで言われました。
まずは客引きスタッフとの料金交渉です。
自分は初来店であったこともあり、クーポンの価格で利用できることを確認し、中に案内されました。

上野ショムニの料金と店内

お金ショムニは前払いのシステムでしした。
通常料金は40分10,000円とかなり高いなと思いました。

「けっこう高いですね。」というと、この辺はそれくらいが相場との答えが返ってきました。
自分は新規割引クーポンが利用できたので、50分6,000円で遊ぶことができました。
このくらいの料金なら遊んでもいいかなという感じです。

支払いを済ませると、初来店ということもあり、ルールの説明を受けました。
50分中に2回のダウンタイムがあるとのことでした。
場内指名は2,000円、ドリンクは1,500円とのことで、利用する場合は注文したタイミングで支払いも済ませるとのことなのです。
前払いなら安心できるなと思いました。

後払いだと、思った以上に料金がかさんでいて焦ることがあるのです。
まずは洗面所で手洗いとマウスウォッシュを済ませ、中に通してもらいました。
店内を見てみると、内装はかなりおしゃれな感じです。
床は市松模様ですし、黒いソファが並んでいました。

まるで店内がパーティー会場のようでした。
OLコンセプトということもあり、オフィスのような内装かなと思っていたので、こんなにゴージャスな雰囲気だったことにびっくりです。
自分は先客がいないブースに案内されましたが、周りを見渡してみると、けっこう激しいことをやっているおじさんが多いなという印象でした。
女の子はOLシャツを着ていましたが、すごく美人で似合っていて、わくわくしてきました。

ビールを飲みながら待っていると、1人目の女の子が早速やってきました。

魅力的なアラサーの女の子

魅力 女性「こんばんは!〇〇です!」と女の子は元気にやってきました。

見た目はアラサーのようでしたが、魅力的な要素がありかわいらしいのです。
顔は年齢よりは幼い感じに見えました。
体型はスレンダーで、かわいさ抜群で、見た目はかなりの好みなのです。
近くでじっくり見ると年齢を感じる部分は確かにありますが、総合的に見て魅力的なので気にはなりません。

「今日はよろしくお願いします!」と丁寧に挨拶してくれたので好感が持てました。
丁寧に挨拶した後は、かなり密着して座ってきてくれたのでドキドキです。
特に太ももが密着してきてかなりのむっつりさを感じました。
さらに女の子は手を握ってきてくれたのです。

恋人みたいでうれしくてたまらなくなりました。
女の子が手を握ってくれたことに調子に乗って、過剰に指を絡めたり太ももをお触りしたりしていると、女の子に苦笑いされてしまいました。
さすがに最初からとばしすぎて引かれたかなと思ったので、途中でセーブして雑談タイム開始です。
「このお店にはよく来るんですか?」と聞かれたので、初めて来たことを伝えました。
女の子は夜だけセクキャバで働いていて、昼間はOLとのことなのです。
大人っぽい雰囲気は昼間のOLが影響しているのかなとも思いました。
自分はこのお店は初めてだけど、セクキャバにはよく行くことを伝えると、女の子がすごく興味を持ったらしく、色々聞いてきました。

他のお店の雰囲気や料金、サービス内容などを積極的に知りたがったのです。
まるで、別のお店に移籍しようとしているかのようでした。
「他のお店で働きたいの?」と聞いてみると、「そうかもしれない。」と言っていました。
あまり詳しくは話してくれませんでしたが、このお店には色々と不満に感じることがあるようなのです。
「働いていると色々あるよね。」と女の子に同情します。

しばらく女の子とのトークタイムを楽しんで距離を縮めました。
すると、いきなり店内のBGMの大きさが大きくなり、ボーイがマイクでパフォーマンスしていました。
それを合図に女の子は一斉に立ち上がったので、びっくりです。
「上に乗っていいですか?」と言われたので、「もちろん!」と女の子を上に乗せます。
女の子は上に乗るとすぐにキスしてくれました。
舌が濃厚に絡み合うキスで一瞬で失神しそうでした。
こんなにもスタートダッシュが良いとは思っていなかったので、かなり興奮してしまいます。

女の子はキスの仕方がすごく上手で、それだけでなく、キスをしている間かなり吐息が荒くなるのです。
舌が絡むたびに息を感じ、ドキドキしてしまいます。
女の子の吐息、絶妙に絡み合う舌がかなり心地よく、ずっとこのままいたいと思ってしまうほどでした。
女の子とキスでつながりながらも、おっぱいがかなり気になります。

キスしてテンションが上がっていたので、そのノリで女の子が来ているシャツを脱がせることにしました。
Yシャツ姿だったので、ボタンを1つずつゆっくり外していきます。
ボタンを外しながら女の子のおっぱいを想像すると、胸が高鳴りそうでした。
ボタンを外し終わり、シャツを軽く脱がせると、ふっくらしたおっぱいが飛び出してきたのです。

かなりおっぱいを凝視してしまい、「そんなに見ないで。」とつっこまれてしまいました。
白くてきれいなおっぱいに、きれいなピンク色の乳首、見た目は最高です。
おっぱいを力強くもみもみしたい気持ちを必死に抑え、やさしくもみもみして感触を確かめました。

すると、女の子は感じてくれたらしく、声を出してとてもかわいいリアクションをするのです。
我慢ができなくなり、乳首をコリコリしたり引っ張ったり、つまんだりしながら遊びました。
乳首をいじめるたびに女の子がかわいい声を出すので興奮が止まりません。
「すごく気持ちよくなってきた。」と女の子は言ってくれたのですが、こういう言葉を言われると一気にやられてしまいます。
女の子のテンションもかなり上がっていて、再びキスを求めてきました。
しかも、今回のキスは最初のキスとは比べものにならないくらい激しかったのです。

「気持ちいいいね。」と2人で最高のキスタイムを過ごしていると、ダウンタイムが終わってしまいました。
一気に現実世界に帰ってきたような感じです。
そして、ボーイさんがやってきて、時間終了を伝えてきました。
あまりにも楽しそうにしていたので、「このまま継続されてはどうですか?」とボーイさんに場内指名を勧められました。
女の子は何も言わないですが、おねだりするような目で見つめてきました。
「分かりました!この女の子を場内指名します!」とボーイさんに伝えると、女の子はかなりうれしそうな顔をしてより密着して座ってきました。

「せっかく来たのに私なんかでいいんですか?」と言われたので、「もちろん」と答えます。
実際はもっといろんな女の子と関わりたい気もしたのですが、一から距離を縮めるというのも面倒でしたし、この女の子の絶妙なキスが気に入ったのもあり、場内指名を決意します。
女の子に「どうして私を指名してくれたの?」と聞かれたので「すごくかわいいからだよ!」

と答えました。
女の子はすごく喜んでくれ、テンションが上がりました。
まだダウンタイム前にも関わらず、激しいいちゃいちゃタイム開始です。
このお店ではテンションが高めのお客さんが多く、上半身裸になっている人もいました。

周りを見渡すと、かなり激しい人が多かったですが、自分は静かに女の子といちゃいちゃしようと思いました。
延長の時間は最初のときよりもハグやキスがかなり激しくて、終わりの方では限界に達しそうでした。
もう少しで失神しそうな感じです。
この女の子のサービスのクオリティはかなり高く、本当に満足できるのです。

自分が女の子としたいなと思っていたことを全てさせてもらえたような気分です。
「本当はもっと一緒にいたいけど帰るね。」と言うと、「今日すごく楽しかった。」と言ってくれました。

「お店を急にやめたりしないでね。」と言うと、「それはないよ。」と言ってくれました。
しかし、数日後ホームページから女の子の名前がなくなっていたのです。

かなりのおきにちゃんだったのにすごく悲しい気持ちになりました。

ショムニの女の子のサービス内容は最高!

今回自分は1人の女の子としか関わっていないので、これから調査する必要はありますが、少なくとも自分と接してくれた女の子のサービス内容は最高でした。
ダウンタイムの時間にはばらつきがあったので、少し戸惑う部分もありましたが、思いっきりイチャイチャを楽しむことができました。

職場での欲求不満を解消するには、やはりOL系のセクキャバが1番だなと思いました。
また、行きたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする