柏セクキャバ『ギャルゲッチュインアメリカンドリーム』の女の子の対応にすごく満足!

毎日が何となくむなしく感じることがあります。
時々嫌気がさしたり、テンションが下がったりすることがあるのです。
そんなとき、女の子から元気をもらいたいという気持ちになり、セクキャバを求めてしまいます。
セクキャバの良いところは、女の子の魅力的なおっぱいを思う存分堪能できるところですね。

女の子とイチャイチャしていると、嫌なことなんて全て忘れ、夢のような気分になるのです。
仕事で疲れ、久々に刺激が欲しいなと思っていたところ、ギャルゲッチュインアメリカンドリームのホームページを見つけました。
前、同じ系列のセクキャバに行ったことがあるのですが、個人的にはけっこう好きなのです。
柏にある支店に気分転換に行ってみることに決めました。

ギャルゲッチュアメリカンドリームへのアクセス

夜 日本ギャルゲッチュアメリカンドリームの最寄り駅は柏駅です。
自分は池袋から行きましたが、まず山手線で日暮里に行き、そこから常磐線で柏を目指しました。
時間的には1時間ちょっとかかった気がします。

柏駅に到着して西口を出ると、あさひふれあい通りの入口が見えるので、そこに入ります。
そこは賑やかな繁華街ですが、それをまっすぐ200メートル程度歩くと、ギャルゲッチュアメリカンドリームが入っているビルが見つかります。
向かいに、バーバー桃太郎や深夜食堂まんぷくなどの目立つ看板があるので、それほど分かりにくくはなかったです。
ギャルゲッチュアメリカンドリーム自体の看板もピンクのネオンでけっこう目立つので、見逃すことはほぼないです。

ギャルゲッチュアメリカンドリームの前には、スタッフが立っていたので、初めて来店したことを伝えました。
仕事帰りのサラリーマンがかなり多く、酔っ払いの笑い声が聞こえてきたり、酒の匂いがしたりしていました。
中と連絡を取り合っていたスタッフに案内され、2階に上がることになりました。

ギャルゲッチュインアメリカンドリームの店内と料金

電卓ギャルゲッチュインアメリカンドリームの店内に入ると、ノリノリのBGMが聞こえてきて、スタッフの方が出迎えてくれました。
このノリノリ感はやはりギャルゲッチュグループの特徴だなと思いました。
外に客引きのスタッフがいたので、そこで一応初来店であることは伝えていましたが、中でも一応伝えておきました。
ギャルゲッチュインアメリカンドリームの料金システムについて詳しく説明してくれました。

1セットは40分で2回転となっており、19時から21時までは6,300円、それ以降が8,800円とのことでした。
ドリンクは1,300円からあるとのことでした。
系列店とほぼ同じくらいだったので、この料金は予想通りだなと思いました。
その後、ルールの説明もありました。

下半身を攻めるのはNGで、ショータイム制になっているとのことでした。
手を消毒してから、中に案内されることになりました。
店の中はけっこう薄暗く、カウンター席と通常席がありました。
薄暗いので、周りがはっきり見えないのと、何となく高級感があるのが良いなと思いました。

壁に沿って、ロングソファがずらっと並んでいて、自分は奥の方に案内されました。
ビールを置かれて、それを飲んで待っていると、すぐに女の子がやって来ました。

金髪セミロングのギャル系女の子

金髪1人目の女の子は金髪のセミロングのギャル系の女の子でした。

唇が真っ赤でとても似合っていてすごくかわいいのです。
見た感じちょっとハーフっぽい感じのかわいらしさがありました。
隣に座ると、かなり馴れ馴れしく、いきなり脚を絡めてくれたので、ドキっとしました。
ピンクのかわいいドレスを着ていて、それがすごく似合っていて、とてもかわいいのです。

太もももむっつりしていて、とてもセクシーで、思わず触ってしまいました。
女の子と仲良くなろうと、早速トークを開始します。
「このお店よく来るんですか?」と聞いてくれたので、「系列店にはたまに行くけど、ここに来たのは初めてかな。」と答えました。
「お仕事ってこの付近じゃないんですか?」と聞かれたので、「けっこう出張が多くて遊びまわってる。」と答えると、女の子が「いいなー。そういうの憧れるな。」と言ってくれたので何だかうれしくなってきました。

「君の見た目の方がかわいすぎて憧れるな。」と褒めると、「またまたー。」と女の子もうれしそうに笑ってくれました。
お互い褒め合って笑顔になり、良い感じです。
そんなにオチのない会話ではありますが、こんな他愛もない会話ってすごく楽しいですね。
膝に手をのせながら、しばらく女の子との楽しいトークを満喫しました。

会話していると、女の子がアニメ、漫画が好きなど、意外な趣味が分かりました。
アニメ、漫画はジェネレーションギャップがあるかなと思いましたが、お互い知っているものもありかなり盛り上がりました。
ノリが良く、話していてすごく楽しい女の子でした。
何より笑顔がすごくかわいいのです。

雑談中も、太ももを触ったり、肩に手を触れたりとこっそりエロいことをやっておきました。
女の子とのトークタイムを思う存分楽しんでいると、ライトとBGMが変わりました。
これはショータイムの合図です。
「じゃあのりますね。ちょっと重いかもしれないけどごめんね。」と言われたので、「そんな華奢なのに。うちの奥さんの半分もないと思うよ。」と伝えると明るく笑っていました。

全く重さを感じませんでした。
どうして女の子は痩せていてもそれ以上痩せようとするんだろうとすごく不思議に思います。
自分としてはもっとムッツリ感がある方が抱き心地が良くて好みなのになと思ってしまいます。
女の子がのってきてくれたので「キスしてもいい?」と言うと、真っ赤な唇を絡めてくれました。

舌を入れるほどのディープキスではありませんでしたが、唇を思いっきり吸引され、かなり心地良かったです。
ディープキスももちろん良いですが、こんな感じのキスもありだなと思いました。
キスした状態で、ずっと気になっていたおっぱいを触ります。

ドレスを下ろしても良いとのことだったので、ファスナーを下ろすとおっぱいが飛び出てきてドキドキです。
おっぱいはCカップとのことだったので、ちょっと大きさは小さめでした。
おっぱいを両手でもみもみすると、何とも言えないコリコリした感覚でした。
乳首をつんつんすると、女の子がかわいい反応をしてくれるのでたまりません。

そのまま乳首をチューチューして、さらにおっぱいを堪能します。
女の子もそれが気に入ったらしく上機嫌でした。
ダウンタイムが終わるまでずっと乳首を触ったり、舐めたり、吸ったりしていました。
そうこうしているうちに、店員が女の子を呼びにきてしまいました。

「女の子は、呼ばれちゃってごめんね。
また、遊んでね。」と去って行きました。
場内指名したいくらいに楽しい時間だったのでちょっと残念です。

残っているビールを飲みながら、次の女の子を待つことにしました。

セクシーギャルの女の子

セクシー次にやってきた女の子は、セクシーギャル系で、見た途端一目惚れしそうでした。
何といっても2番目の女の子は肌が透き通るように白くてきれいなのです。

「手がすごくきれいだね。
こんなきれいな手初めて見たよ。」というと女の子がすごくうれしそうでした。
まずはゆっくり雑談タイムです。

自分のビールが空になっていたので、ボーイを呼んでくれる気配りもありました。
普通の女の子ならそれに便乗しておねだりするはずなのですが、この女の子はおねだりすることなく、話し続けていたので好感度アップです。
それからは、女の子のお父さんへのプレゼントの相談にのることになりました。
ネクタイとか考えているんだけど、どんなのがいいかなと真剣に言っていたのがかわいかったです。

しばらく、女の子といろんなことを話しました。
トークタイムを楽しんでいましたが、そろそろイチャイチャしたいなと思い、女の子に「もっとこっちに来て。」と言ってみました。
女の子を抱きながらイチャイチャしていると、待ちに待ったダウンタイムの時間になりました。

2番目の女の子ものってくれましたが、華奢で重さをほとんど感じませんでした。
抱きながら、目が合うたびにキスをしまくりました。
キスをしてもあまり舌を絡めてはくれませんでしたが、キスするたびにニコニコしてくれるのがかわいくて許してしまいまいた。
この女の子は何とおっぱいがかなり大きかったのです。

とても気持ちよく、「おっぱい大きいね。何カップ?」と思わずきいてしまいました。
この女の子はFカップとのことなので、さっきの女の子よりかなり大きめに感じました。

この女の子のおっぱいは柔らかく、弾力もあり、かなり好みでした。
乳首もパクリとかぶりつくことができ、ドキドキです。
彼女は感じ方がすごく良く、乳首を攻めると身体が波打つのです。
それを見ているこちらがドキドキしてきました。

彼女は目がとろとろしていて、とてもリラックスしてくれているのが分かりました。
そうこうしているうちに時間が来てしまいました。
おっぱいもキスも堪能できて、大満足でした。
もっと女の子と遊んでいたいという気分ではありましたが、時間も遅くなっていたので、また今度にすることにしました。

疲れが吹き飛ぶほど楽しめたので、また来ようと心に決めました。

女の子の対応にすごく満足!

ギャルゲッチュインアメリカンドリームの女の子は対応がとても良く、おっぱいも十分に満喫させてくれたので、大満足です。
帰るときちょっと寂しい気持ちでしたが、女の子の名前を聞けたし、連絡先ももらえたので良かったです。

ギャルゲッチュグループはクオリティが高いとは分かっていましたが、今回行ってみて、やはり安定感は本物だなと思いました。
いくつか系列店には行っていましたが、今回の店舗の雰囲気は今までで一番好きでした。
キスはちょっと甘かったですが、おっぱいは堪能できたので今回当たった2人の女の子には満足です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする