池袋でOLといちゃいちゃしたくなったら「丸の内(マルノウチ)」に行こう!

みなさんおっぱいは好きですか?
私は、おっぱいが大好きです。
マシュマロのように柔らかく、乳首はペロペロしちゃうと興奮するとどんどん硬くなって、女の子の体がどんどん火照ってくる感じがめちゃくちゃ興奮するからです。
お腹が空いても、飯よりおっぱいを選んでしまう私がハマっている風俗があります。

その風俗は、「セクキャバ」です。
セクキャバは、イチャイチャできるキャバクラだと思っていただけるとわかりやすいと思います。
そんなセクキャバに毎週通っている私は、全国のセクキャバを制覇してしまうんじゃないかと思ってしまうほどセクキャバにのめり込んでしまっています。
セクキャバは、基本トークから始まりますが、おっぱいを揉んだり、乳首を舐められたり、乳首を舐めたり、さらにはディープキスまでできることもあるんです!

注意点は、女の子によってはキスNGや乳首NGもありますが、基本的におっぱいは揉めるんでおっぱい好きの私には十分なプレイ内容となっています。
女の子との駆け引き次第では、逆セクハラ的なこともされるので焦らされるのが好きな人はたまらないはずです。
私は、焦らされるの大好きなので毎回トークを頑張って女の子に責められることも楽しんでいます。
こんなに素晴らしいセクキャバをいろんな人に知ってもらい、いろんな人に行ってもらいと私は思っております。

今回は丸の内(マルノウチ)に行ってきたので、セクキャバのすばらしを紹介したいと思います。

丸の内(マルノウチ)について

チェックリスト丸の内(マルノウチ)は池袋駅南口を出て5分ほどで到着します。
丸の内(マルノウチ)に到着するまで、「どんな女の子がいるかな
どんなプレイができるかな」とワクワクしながら向かいました。

丸の内(マルノウチ)のシステムは、13:00~15:00が6000円。
15:00~18:00が7000円。
18:00~21:00が8000円。
21:00~LASTが 9000円となっています。

私はクーポンを利用して1セット4500円で利用することができました。
店内は、豪華で結構暗めでした。
早速、店員さんに席へと案内され、女の子を待つこととなりました。
待っている時間は緊張しているのか喉がカラカラになってしまうので、頼んだドリンクを秒で開けてしまいました。

1人目の女の子登場

女性 仕事烏龍茶を飲みながら女の子を待ちます。
丸の内(マルノウチ)という店名なのであの丸の内OL風の女の子がついてくれるんだろなと期待しながら待ちます。
私は、OL風コスプレなどが大好きで良くOL風の風俗には足を運んでいます。

嬢A「こんばんは~」とOL風のスラッとした美脚の持ち主の美人が登場しました。
「よし」と私は心の中でガッツポーズをして女の子に挨拶をします。
私「こんばんは~、とても綺麗な人が現れてびっくりした!」
嬢A「えっ?私のことですか?」
私「うん、そうだよ。あなたが綺麗過ぎてびっくり!名前は?」
嬢A「お兄さん酔ってますよね?○○と申します。」

私「全く酔ってないよ!ほら、烏龍茶飲んでるし!」
嬢A「ほんとですか?」
私「うん、本当に綺麗だったから嬉しくて本音が出ちゃった!」
嬢A「お兄さん上手なんだから~でも、嬉しいです。
ありがとうございます。」
と女の子を褒めまくって、赤らむ顔を見ながら楽しみます。

嬢A「上に跨っていいですか?」
私「もちろん、いいですよ。」

ここから女の子との濃厚プレイが始まります。
まずは、女の子のおっぱいをモミモミします。
服の上からでもわかる巨乳さんです。
おっぱい大きい派の私には嬉しい大きさです。

乳首はどうかなと思い、女の子のシャツのバタンを外していきます。
嬢A「恥ずかしいです~」
私「今頃、恥ずかしがっても遅いよ!」と言い、服を脱がせます。」

目の前に現れたのは、大きなハリのある巨パイです。
とても揉み応えのあるおっぱいです。
乳首も、興奮したのか大きくなっています。
おっぱいモミモミ&乳首ペロペロすると、女の子はビクッと体を動かし反応します。

嬢A「んんん、、、あっ、、、んんん、、あん」
私の耳元で女の子が喘いでいます。
その声に興奮した私は、息子が膨張しパンパンに
それに気づいた女の子が息子をサワサワしてきます。

このやってはいけない行為をたまに隠れてやってくれるのが最高に楽しいです。
私はおっぱいモミモミ&乳首ペロペロをし、女の子は息子をサワサワしてお互いに攻撃を全く止めません。
私も女の子も盛り上がってきて興奮度が高まってきていた時に、店員さんから「お時間です。」と声がかかり、女の子が去ってしまいました。

指名もよぎりましたが、他の女の子も見たかったので我慢して次の女の子を待つことにしました。

2人目の女の子登場

女性 仕事1人目楽しかったな~と余韻に浸りながら、アルコールを注文しお酒をグビグビ飲みます。
いい女の子と遊べた後のお酒は最高に美味しいです。

2人目はどんな子くるかなと妄想しながら女の子を待ちます。
嬢B「はじめまして、こんばんは~」
女の子が登場します。
ムチムチボディのOLさんが現れました。

「ん~~~」と心の中で思ってしまいました。
私の好みはスレンダー系なのでちょっとぽっちゃりはあまり好みではなかったからです。
顔は、可愛い顔ですが、スタイルはちょっと好みではなかったので、濃厚なイチャイチャはできないかなと思いながら会話を始めます。
私「はじめまして、こんばんは~」

嬢B「お兄さん、この店初めて?」
私「この店は初めてだけど、セクキャバはよく行くよ!」
嬢B「そうなんですか?この店はどうですか?」
私「いいお店だね。すごく楽しいよ」
嬢B「本当ですか!嬉しい!ありがといございます!」
「この子笑顔が可愛いな」と会話をしているときに見える笑顔が素晴らしく可愛かったです。
最初に「ん~~~~」と思ってしまった自分を反省します。
ここから私はコロッと最初の残念がった気持ちを忘れて女の子を褒めちぎります。

私「〇〇ちゃん可愛いよね」
嬢B「お兄さんいろんな人に言ってるんでしょ!」
私「私は、本当に可愛いと思った子にしか言わないよ」
ん?

さっきもこのセリフ言ったような気もしますが気にしないでどんどん褒めていきます。
私「髪の毛サラサラで綺麗だね。手入れとかしてるの?」
嬢B「全然普通ですよ」
私「肌もすべすべだし、本当に可愛いね」
嬢B「そんなに褒めないでくださいよ。照れちゃいます。」
女の子の顔がどんどん赤くなってきます。
女の子の顔に近づいて目を見つめます。
そして女の子の唇にキス
女の子もキスをすんなり受け入れてくれます。

チュッチュとバードキスを繰り返しているうちに、お互いの舌が中に入ってきます。
舌と舌をドロドロに絡め合う濃厚なディープキスです。
女の子の吐息も荒くなってきます。
キスをしながら、おっぱいや乳首を触ります。

乳首に触れるたびに女の子の体がビクッと反応します。
私「乳首好き?」
嬢B「乳首ペロペロしてほしいな」

私は、女の子のシャツのボタンを一つずつゆっくり焦らしながら外していきます。
おっぱいが出てきて、乳首をペロペロします。
嬢「あっ、、あん、、、んんん」女の子が耳元で感じてくれます。
反応が良くて私の息子はビンビンに。

最初感じた気持ちは間違いで、とてもいい女の子でした。
店員さんがお時間のお知らせに来てくれて、〇〇ちゃんとはここでお別れしました。
2人ともサーブスも良くて可愛かったのですでに満足している私は、再度お酒を飲みながら女の子を待ちます。

3人目の女の子登場

女性 会社お酒のペースも速くなり、すでに4杯飲んでしまって酔っ払い状態に。
次の女の子もいい子なんだろうなと思いながら、女の子を待ちます。
嬢C「はじめまして、こんばんは」
私「はい、こんばんは~」とテンション高め

嬢C「お兄さん出来上がってますね!」
私「お酒飲みすぎちゃった!」
現れた女の子は、素朴な感じの女の子。
学校で例えると、クラスではあまり目立っていないメガネをかけた女の子だけどメガネを外すと超可愛いみたいな感じです。

よくわからない例えになりましたが、つまり素朴な可愛い女の子です。
私「〇〇ちゃん可愛いね」
嬢C「酔っ払いさんに言われても信じませんよ!でも、嬉しいですよ。」
私「酔っ払っちゃったな~」
嬢C「膝枕しましょうか?」
私「ひ、ひ、膝枕!!」と興奮してしまいます。

嬢C「嫌ですか?」
私「いや、大好きです!」
と女の子の膝の上に寝転びます。
女の子の太ももは柔らかく、寝心地が最高です。
下から見える景色も最高で、山が二つ目の前にあります。
その山をモミモミします。
モミモミしていると息子がどんどん大きくなってきました。
膝枕中なので息子の膨張がはっきりとわかってしまいますが、もう天国なのでどうでもいいやと思いながら膝枕を楽しみます。
嬢C「お兄さんのここ大きくなってきましたね」と息子をサワサワ。
もう手コキされているとしか思えません。

膝枕の状態で女の子から濃厚ディープキス。
膝枕の状態のディープキスはたまりません。
ねっとりと女の子の唾液と舌が口の中に入ってきます。
息子は爆発寸前です。
女の子のサワサワも徐々に激しくなってきて、爆発を堪えるのに精一杯です。
寸止めの繰り返しでハイになってしまいました。
私「これバレたらやばいよね?」
嬢C「見えてないから大丈夫ですよ」

バレなきゃいいかと思い濃厚な時間を時間いっぱい楽しみます。
3人目の女の子もサービス良すぎて、みんな指名してもっとたくさん遊びたくなってしまいます。
ここで店員さんが登場し、女の子とバイバイします。
ここまで当たりの女の子にしか会っていないので、後々大変なことが起こってしまうのではと不安に思いながら最後の女の子を待つことにしました。

4人目の女の子登場

女性 会社またまた今までの女の子とのイチャイチャを思い出しながらお酒をのみます。
女の子とのイチャイチャを思い返しているだけで息子が大きくなってしまいました。
一人で息子を大きいしている間に、女の子が登場しました。

嬢D「はじめまして、こんばんは」
私「はじめまして、こんばんは」
現れた女の子は、The.OLの女の子。
綺麗な顔です。
目はつり目で、Sっぽい女の子です。
「この子にいじめられたい…」と変態妄想をしながらも女の子と会話を楽しみます。

私「○○ちゃん綺麗だね、足もめちゃ綺麗」といいながら女の子の太ももをサワサワします。
嬢D「触りかたがエロいですよ。」と誉められます。
私「エロいの好きでしょ?」
嬢D「エロいの大好きだよ」といい反応をしてくれます。
太ももからお腹、クビレ、背中、おっぱいと優しくなぞるようにサワサワしていきます。
女の子はサワサワする度に体をビクッとて反応してくれます。
嬢D「もっと触って」
私「いいの?
もっとさわっちゃうよ」とおっぱいをモミモミします。
おっぱいをモミモミする度に女の子はビクビクします。

乳首が大きくなってきたので、優しくペロペロしてあげます。
嬢D「んんん…あっ…んん」と甘い声で感じてくれます。
反応がよくて私の息子はパンパンに。
嬢は私の息子をサワサワ。
触りかたはやさしめです。
更に乳首を攻め続けます。

嬢D「あん…気持ちいい」女の子の体はどんどん暖かくなってきます。
私「体が火照ってるよ」
嬢D「気持ちよすぎて感じてます。」顔を赤くしながら答えてくれます。
とてもかわいいです。
もちろんキスもします。

残念ながらキスはフレンチ・キス
濃厚などろどろキスを期待していましたが、チュッチュッとバードキスで少し残念でした。
時間ギリギリまで女の子とイチャイチャしてお酒を飲んで楽しみました。
そろそろ時間かなと思ったところで女の子から延長交渉。
延長したいところではありましたが、キスが期待以下だったため延長はやんわりとお断りしました。

嬢D「もっとエッチなことしようよ」と言っていたのでとても気になったのですが、ここは延長させるためだけのセリフだと自分自身に言い聞かせて、帰ることにしました。
店員さんに帰ると伝えて、お店を出ることにしました。
帰り道は、女の子との濃厚な時間を思い出しながら、ニヤニヤして歩いていたと思います。
いま思えば、結構ヤバイやつだったと思います。
池袋駅に着き、電車に乗り帰路につきました。

丸の内(マルノウチ)はみんなにおすすめ!

丸の内(マルノウチ)に今回行きました。
付いてくれた女の子はみんなサービスもルックスも素晴らしい子ばかりでした。
セクキャバに行ったことない人や、セクキャバ大好きな人にもオススメできるお店です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする