下町情緒ある赤羽いちゃキャバ店『花魁いちゃキャバ店』

東京の穴場スポットと言って最近人気なのが「赤羽」です。
お酒が大好きな僕にとっては最高の街。
下町情緒あふれる雰囲気も大好きです。
仕事で疲れた僕は赤羽でちょっと一杯飲んで帰ることに。

実は先日友人から教わった「イチャキャバ」で可愛い女の子と恋人気分でお酒を楽しんで帰る予定なのです。
さあ、赤羽駅に早速向かいましょう!!

セクシーな花魁とイチャイチャお酒が楽しめるお店

恋愛 ハート今回僕が行ったお店は赤羽にある「クラブランマル」というイチャキャバです。

こちらの「クラブランマル」のコンセプトは「」です。
花魁姿の女の子とイチャイチャしながら楽しいエッチなお酒が飲めるお店。
イチャキャバなので服を脱がせてのお触りは出来ませんが、キャバクラと違って服の上からなら触ってもOKなお店です。
赤羽駅に疲れた体で降り立った僕は一路東に向かいます。

歩いて2分ほどの場所にある「ソシアル明晃ビル」の4階に今回のお目当てのお店はありました。
店外の看板には「和服美女がずらり」と揃っています。
和服美女の良さと言えばその妖艶さです。
さあ、どんな妖艶な美女たちが僕を迎えてくれるのでしょうか?

扉を開けて店内に入ると紳士的でダンディーなボーイさんが出迎えてくれました。
とりあえず40分の1セットのみ遊ぶことを告げ店内の奥へ通されます。
店内は和を基調とした内装に仕上げてあり、日本人にはかなり落ち着きやすい空間にしてありました。
まさに家の和室で一杯飲む感覚です。

こちらのお店では40分が1セットで8000円となっています。
イチャキャバにしては若干割高ですが、和服姿の激カワ花魁といちゃいちゃ出来るのであれば逆にリーズナブルな価格設定かもしれません。
さあ、どんな女の子が来てくれるのかをワクワクしながら待ちましょう。

ギャル風な見た目だけどおしとやかにサービスしてくれるAちゃん

女性 和「こんばんは。Aです。宜しくお願い致します。」

まず初めに僕のところに来てくれたのはギャルっぽい見た目のAちゃん。
花魁なのにギャル?とは思ったのですが、その立ち振る舞いはまさに大和なでしこ
繊細な雰囲気で僕の横に座ってくれました。

早速喉も乾いた僕はドリンクでAちゃんと乾杯します!!
「お仕事帰りですよね?お疲れ様です。」

ニコっと笑顔で微笑んでくれるAちゃんはまさに激カワ花魁。
ギャルっぽい見た目が逆にセクシーに感じてきました。
Aちゃんは22歳の女の子でフリーターとしてこのお店で働いているそうです。
趣味はショッピングドライブだそう。

こんなかわいい子を助手席に乗せてドライブに行くと楽しそうですね!
Aちゃんの肩を抱き寄せて恋人ムードでお酒を楽しみます。
スレンダーな体に赤い和服がよく似合っています。
おっぱいは小ぶりなCカップといったところでしょうが、彼女のスレンダーさにはピッタリのサイズでしょう。

短めの和服の裾からは真っ白い綺麗な透き通った太ももが伸びています。
僕は右手でお尻を触りながらもそのすべすべの太ももをどんどんお触りしていきます。
「あ、、、やだ、、、もうエッチな触り方ですね、、、あん、、」
柔らかいお尻を堪能しつつ生暖かい太ももを触ると僕はどんどん興奮状態に。

あっという間に股間のイチモツは大きく成長していったのです。
そのまま僕の右手はAちゃんの体を撫でまわしまくります。
くびれたウエストから段々と上に上がっていきいよいよおっぱいをお触りしまくります
胸元が開けた和服の上からおっぱいを焦らして撫でまくり、、「あ、、、もうエッチ。。触り方が凄いです、、あん、、」
吐息交じりに小声で僕に伝えてくるAちゃんの表情がめちゃくちゃエッチで興奮しまくり!!
両手でおっぱいを後ろから鷲掴みしちゃいます!!

「あ、、、めっちゃいい感じです、、気持ちいい、、」
僕の方を見つめながら優しい吐息でエッチな声を出すAちゃんはまさに激エロな大和なでしこそこもの。
そのままおっぱいの先っちょを責めていきます。
「あ、、、乳首めっちゃ感じちゃう、、、あん、、」

体をびくつかせながら感じてくれるAちゃん。
顔はちょっと赤らんでいて付けている真っ赤な口紅と合わさって妖艶な雰囲気ばっちりです。
そのまま僕はAちゃんの唇にキスを。
「あ、、、キスはダメ、、、ん、、、でも、、あん、、」

舌を絡め合ってディープなキスを楽しんでしまいました。
と、ここでAちゃんとの恋人タイムは終了です。
LINEの交換をしてお別れをします。

黒髪巨乳の花魁Hちゃんとイチャイチャしまくる

黒 髪 女性「こんばんは。Hです。宜しくお願いします。」

次に僕のところに来てくれた女の子はHちゃん。
白とピンクの和服姿の花魁ちゃんです。
そのHちゃんの胸元には見事なおっぱいが!!
わざと開けさせた和服がそのおっぱいのサイズを強調していました。

早速Hちゃんも僕の隣に座らせてドリンクで乾杯をします。
腰に手を回して一気に密着の恋人モードへ!!
Hちゃんは23歳の女の子でこのお店に週に何度か働きに来ているそうです。
趣味はなんと「登山」だという彼女!!まさかのアウトドア派でビックリです!

まずはお尻と太ももをどんどん撫でまわしていきます。
登山をしているせいか若干筋肉質な下半身がエロさを感じさせます。
江戸時代の女性も筋肉質な人がいたのでしょうか?
「あ、、、触り方がヤバいですね、、、ぞくっとしちゃいます、、」

僕を上目遣いで見つめながら吐息交じりにしゃべるHちゃんからはめちゃくちゃ大人な女の色気を感じてきます。
そのまま僕の両手はHちゃんの上半身に突進していきます。。
気にな手仕方がなかった巨乳を両手で揉みしだくと、、「あ、、、、おっぱい、、めっちゃ感じちゃいます、、、あん、、」

更に吐息も大きくなり喘ぎだすHちゃん。
頬を赤らめて感じていました。
おっぱいの先っちょを指で触りまくってきます。
「あ、、、だめ、、、乳首めっちゃ弱いんです、、あん、、、」

体をビクっとさせて興奮している様子のHちゃん。
僕のイチモツもさっきまでよりさらに大きさ硬さを増していきます。
ズボンはもうすでにはち切れそうな状態になっています。
Hちゃんのおっぱいに夢中になっているとHちゃんはさりげなく僕の下半身を触ってサイズチェックをしていきました、、。

「あ、、、めっちゃおっきい、、、すごーい、、」
こんなところを触られて興奮しない男はいないでしょう。
まさに激エロ和服美女とはHちゃんのことで間違いなさそうです。
Hちゃんの太ももも触りまくって太ももの奥の方を触ってみると、、めっちゃ熱くなっているのが分かります。

間違いなくアソコはエッチな状態になっているのではないでしょうか?
興奮しまくりの僕はHちゃんのぷっくらした唇に舌先をねじ込んでいきます。
「あ、、、キスですか?あ、、だめ、、ん、、、」

ちょっと拒みながらも僕のギンギンの舌先を受け入れてくれて舌を絡め合いました。
Hちゃんの口の中はもう二人の唾液でぐちょぐちょ状態。
と、ここで時間終了の様です。
エッチで楽しい時間はあっという間に終わってしまいます。

最後にLINEの交換をしてHちゃんともお別れです。

「クラブランマル」のまとめ

というわけで今回は赤羽にある和風イチャキャバ「クラブランマル」に行ってきました。
和風のイチャキャバと言うのは結構珍しいのではないかと思います。

素人のような気配りの効く可愛い花魁たちとここまで楽しめてしまうので40分で8000円と言うのはちょっと高くも感じますが値段相応といったところでしょう。
また行ってみたくなるお店ナンバー1かもしれません!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする