活気の良さにびっくり!驚愕の五反田セクキャバ魅惑について

妖艶なネオンがひしめく五反田東口の歓楽街にひときわ魅惑的なセクキャバがあるという。
その名もセクキャバMIWAKU(魅惑)。
五反田駅から徒歩1分にある店は、競合ひしめく五反田東口エリアにおいてハイクオリティな女の子が集まる地域トップクラスの店だという。

山手線沿いの大手企業に勤める美人OLからうぶい現役女子大生まで、選りすぐりの厳選美女がフロアレディとして集まる魅惑の店に、筆者が潜入レポートしてきたぞ。

五反田のセクキャバ魅惑の場所はどこ

さて肝心のセクキャバ魅惑の場所だが、場所は五反田にある。
まず五反田駅にアクセスしたら東口を出よう。

吉野家とリンガーハットが目印の五反田東口歓楽街の入り口ゆうらく通りをまっすぐ進み、すこしうねった十字路を見つけたら直進のルートを選択すべし。
入ったすぐ右側にある白い建物のソシアルビルを確認しよう。
このビルの3階でセクキャバ魅惑は営業しているぞ。

五反田のセクキャバ魅惑の料金設定は

お金セクキャバ魅惑の料金設定だが、1セット40分で19時から21時まで7000円、そして21時から閉店までが8000円となっている。
本指名料、場内指名料、同伴料金全て2000円で、延長は20分毎に4000円とられる仕組みだ。
少々割高なので、ホームページにあるクーポンをフロントに提示して1セット6000円+乾きものサービスで利用させてもらった。
こういったクーポンは初回フリー客限定なので初来店の際は必ず提示しよう。

五反田のセクキャバ魅惑の内装は

さてそんな五反田のセクキャバ魅惑の店内に足を踏み入れる。
すると突然の入場を祝うスタッフたちの活気のいい声に圧倒された。
これはドリンクや延長時などにはかならずされる店の方針らしい、居酒屋の「よろこんでー」と似たようなものだろう。

店内は赤いソファと円テーブルが並んでおり、ダイニングバーのような居心地の良さと高級クラブのゴージャス感を併せ持っている。
遮蔽性が弱いものの、ローソファの座り心地は抜群で、これなら女の子と好きなだけいちゃつくことができそうだ。
ソファに腰を掛けゆったりしていると、ボーイさんに連れられて最初の女の子がやってきた。

五反田のセクキャバ魅惑 一人目

女性「こんばんは、よろしくお願いします」
お、美人さんラッキー!
最初にやってきたのは赤いドレスが似合う妖艶お姉さんのEちゃんだ。
谷間を強調するドレスがまぶしい

背筋がピンとのびていて育ちの良さを感じさせる。
振る舞いや物腰に上品さを感じる筆者が好むタイプの上玉お姉さんだ。
挨拶もそこそこに筆者のお酒をつくってくれる。
クーポンでサービスされた乾き物を口にいれながらチラチラと彼女の体を舐めるように見つめる。

白い肌にほどよい肉付き、黒髪を束ねることで見えてくるうなじが非常にセクシーだ。
「お酒強いんですか?」
「強いほうかな、お姉さんみたいな美人には弱いけど」

「うふふ」
つくってくれた水割りをぐいっと口の中にながしこむ。
最初は他愛もない会話。
「会社の帰りですか?」
「んー。俺ノマドワークだから会社勤めじゃないんだよね」
「ノマド…?」
「わかりやすく言うとニートみたいな職業かな」

べつに大企業勤めと見栄をはってもいいのだが、金持ちアピールをしてもおねだりされたり、見透かされた時小さい男だと思われるだけなので正直に話した。
減らず口をたたくたび彼女はニコッと笑ってくれる。

細めた目は木村多江のような雰囲気があり、全体的に艶っぽい雰囲気で若奥様のようなフェロモンがある。
年は22で、昼間は学生をしているらしい。
質問攻めをされたので、今度はこちらが質問して彼女のことをひきだしていく。
どこで学んでいるかを聞くとお嬢様大学名が出てきた。

家柄もいいのだろう。
そんないいとこ出の彼女がどうしてこんなお店で働くのだろうか。
「やっぱ家族に内緒で働いてるの?」
家族のことを聞いた途端表情が暗くなり、目を伏せた。
しまった、地雷だったか。
何か親に対して思うことがあるのだろう、これ以上詮索するのはやめておいた
「まあ、いろいろあるよね」

というと彼女は静かにうなずいた。
この店で案内されたブースは周囲から遮蔽されてないためおさわりするのを躊躇してしまう。
だが、店のルールからすればお触りくらいは許される
会話とかどうでもいいから胸に触りたくて仕方なかった。

「はやく触りてえ」
と思いながらうずうずしていると
「あまりガツガツしないんですね、素敵です」
こいつはまいった。

先手を打たれた
相手から紳士的な振る舞いを褒めてもらうといざというとき狼になれない。
紳士ではなく小心者なだけなんだ、本当は触りたくて触りたくて仕方ない野獣なんだぞEちゃん!
やがてムードとBGMがかわり暗転する。

彼女がすっと立ち上がり、筆者の前にやってくる。
周囲の席でも何やらギシギシとソファの軋む音や女性の吐息が聞こえてくるがそんなことはもう頭にはいってこなかった。
「上、失礼しますね」
「ひゃっほー!」

ズシリとくる重量感、セクキャバの醍醐味である。
ブスだと苦しいこの重さが好みの美人だとたまらなくいとおしい。
目の前にひろがる大きい二つの山にまずは顔を埋める。
気持ちいい抱き枕のような感触に包まれこのまま永眠しそうになる。

そして目があったのでキス。
ガッツリはできない
舌も絡ませてくれなかった。
こちらからもっとアグレッシブなねっとりベロチューをしたいところだが、彼女がひいてしまったので、ソフトなキスで終わってしまった、残念。

しかしまだ直に触れるおっぱいがある
赤いドレスをさげるとDサイズのおっぱいから黒い乳首が顔を出す!
「おほーっ、こんな上品そうなお姉さんが真っ黒乳首してるぞーっ」
なんと、白い肌と和風な顔に似つかわしくない色素の強い乳首がそこにあった。

清楚なピンク色を想像していただけに、この使い込まれた色のギャップに大興奮
もう我慢できない、紳士ぶるのはやめよう。
筆者はお猿さんモードにスイッチを切り替え、本能の赴くままガツガツしまくって乳首にむしゃぶりついたのだった。
指で弾いたり、力強く吸引したり、甘噛みしたり、やらしい色素の強い美人の乳首を時間いっぱい楽しんだ。

Eちゃんの顔を見ると頰を赤らめていて、なんだか顔から気品のある余裕さが消えていて、求めてるような表情にかわっていた。
ガツガツしたくなかったけど魅力的すぎて無理だった
彼女は笑顔でハグをしてくれる。
男なんてそんな生き物よね、と思われたのかもわからない。

だがもうそんなことはどうでもよい、しばらくイチャイチャとしたまったりムードを楽しみながら時間いっぱいまで柔らかいマシュマロおっぱいの感触に浸っていた。
艶っぽいEちゃんとはここで時間が来てしまいお別れとなった。
キスが物足りなかったものの、雰囲気や会話やえっちなおっぱいには大満足
いろんな子を見たいのでキープはせず、このままリリースしたのだった。

五反田のセクキャバ魅惑 二人目

ボブ「どうもーこんばんわぁ!」
さて、続いてやってきたのはこちらもお姉さん系だった。
黒髪ショートボブで顔は井川遥似。

癒し系なのに喋るとバラエティ系のマシンガントーク、不思議系お姉さんのFちゃんだ。
おっぱいや背丈はそこまで大きくない。
さきほどのEちゃんと同い年らしいが性格は正反対だ、よく笑いよく喋る。
ノリがよく、一緒にお酒を飲むと楽しいタイプである。

「わたしキャバで働いてたんですよ!」
「やめちゃったの、店と揉めた?」
「なんかー、2ちゃんでわたしのことボロクソ書く奴がいてー」
「ははは」
キャバクラで結構長く働いてたらしいが色々あって辞めてしまったようだ。
なんか闇を感じたのでそれ以上は詮索しないようにしたが、自分からベラベラ喋ってくる。
おそらくは聞いて欲しいのだろう。

働いてるキャストも掲示板を覗くこと、同僚がライバルを蹴落とすために個人情報や悪口を書いてたりすることを延々と喋っていて、筆者はうんうん頷くだけだった。
彼女は明るい性格なのだが、時折無理して明るく振舞ってるのを感じさせる暗い表情になるときがある。
やはりセクキャバやキャバクラで働くのは精神的にしんどいこともあるのだろう。
「どんな男性が好み?」
「んー、お金持ち!
「はは、じゃ俺は不合格だな」
「あと優しい人」
「それならいけるかも」
と、和やかな会話を重ねていくと天真爛漫な笑顔でこたえてくれる。
うむ、性格は好き嫌い別れるかもしれないが素朴な笑顔はかわいいではないか。
そして照明が暗転してお目当てのハッスルタイムだ。

彼女を近くに寄せて軽く抱き寄せる。
「痛かったり、嫌だったらその場で言ってね」
「そう言ってくれる人は大概大丈夫です」
まずはイチャイチャ感を楽しむ。

照明が明るい時はあれだけノリノリな彼女が急にしおらしくなっちゃってギャップに大興奮!
「キスしようよ」
軽く唇を重ねる。
遠慮して舌をいれないでいると、なんと彼女の方から絡ませてきた。

これはさきほどのEちゃんにもできない特別サービスに大感激。
こちらも負けじとFちゃんに舌を絡ませる、お互い脳から快感エキスが出まくり全身トロトロだ。
キカン棒はふくれあがり、感情が高まってきた。
「やだ、うまい」
「上来てよ」

彼女のおっぱいをドレスの上から確認する。
Cカップくらいだろうか、豊満とはいえないサイズだが揉み心地は十分だ。
「ここ、なんか大きくなってない?ここ何?」
「意地悪っ」
乳首の場所をツンツンと弾くと頰を赤らめて恥ずかしがる。
明るい性格の女の子の恥じらう表情ってなんて興奮するのだろう。

ドレスを簡単には下ろさずに、ドレスを着た状態でおっぱいをもみ、手を中に忍ばせて乳首をいじって彼女の反応を楽しんだ。
これがセクキャバの醍醐味だ。
彼女の顔をみつめると顔を背けてしまうが目が合うとキスをもとめてくる。
可愛い性格の彼女に大満足!
彼女もエスカレートしてきて筆者のベルトを外してパンツの上からキカン棒をさわさわしてきた。
「それをされたら優しいおじちゃんじゃいられなくなっちゃうよ」
「うふふ」
そして真打登場
ドレスを下げるとでてきたのは真紅の乳首だ!
少し色黒の肌のおっぱいは形がよく、真ん中の乳首はお触りだけで突起していた。
弾いたり、摘んだり、舐めると頭を仰け反らして悶える反応がたまらない。
そしてむしゃぶりつくとクビに手を回して腰を揺らしてくる
明らかに下半身同士がぶつかるような腰つきにキカン棒もレッドゾーンのマックス状態!

「ああ、Fちゃん、君最高だよ!」
目があうたびにキスをして、ハグをしあいゆったりとした時間を過ごす。
彼女の口の中はぼくの唾液と酒の成分で一杯だろう、口直しに酒を注文してやることにした。
「うそー、おねだりしてないのにうれしい!」
この笑顔がたまらない。
やっぱり風俗もセクキャバもキスので満足度がかわる。

言葉でどれだけ取り繕っても心がこもったキスもできない女の子にはドリンクも頼みたくなくなる。
Fちゃんはおねだりもせずキスは濃厚、おっぱいの感度も最高で、なにかサービスしたくなる女の子だった。
時間いっぱいまで楽しんだ蜜月の時間も終わりが来る。
ボーイさんは延長すれば今なら特別価格とすすめてくれたが、この日はFちゃんのドリンクのみで退散。
正直久々のセクキャバでキカン棒が暴発寸前で高ぶったこの欲望をすぐに発散したかったのだ。
もしかしたら仲良くなれればトイレで抜きでもしてくれるかもしれないが、さすがに初回フリーでそこまではしてくれないだろう。

出口までFちゃんと手を繋ぎ連絡先を交換
ほっぺにチューをしてくれたのだった。
外の風にさらされてふと我に返る。
なんだか中で起きた出来事すべてが夢だったんじゃないかと。
やっぱ延長しておけばよかったかなー
少し後悔しながら帰路についた筆者であった。
五反田のセクキャバ魅惑。
店名通り魅惑のお姉さんが集まる素晴らしいお店だった。

まとめ

女の子 ★★★★☆
料金 ★★★☆☆
なかなか満足度の高い店だった。
たまたまついた女の子二人とも合格点。
一人目は顔が好み、二人目はサービス内容が素晴らしかった。
ボーイさんの対応も別段不備はなく、遮蔽性が弱いことをのぞけばかなりオススメできる店である。
女の子は下半身をさわってきたり、仲良くなりさえすればさらなるサービスに期待できそうで通いつめたくなる魅力もある。
五反田東口にあるセクキャバ魅惑。
店名通りまさに魅惑なお姉さんがいるオススメスポットの一つである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする