渋谷のセクキャバプリティリゾートで美女と南国気分を楽しめる?

渋谷といえば若者の流行発信地。
当然街を行きかう女の子は最先端なファッションに身を包んだ激カワ素人ばかりだ。

そんな渋谷にはセクキャバがたくさんある。
中でもこの渋谷プリティリゾートは、ギャル系、キレイ系、可愛い系、お姉さま系と厳選キャストを揃えたハイクオリティなサービスがウリという。
果たしてその謳い文句に偽りはないのか、筆者が潜入調査をしてきたぞ。

渋谷プリティリゾートはどこにある

渋谷プリティリゾートまでのアクセスだが、最寄り駅は当然渋谷駅。
まず渋谷に行ったらスクランブル交差点を通過して道玄坂方面に歩いていこう。
しばらく歩くと渋谷百軒店の入り口が右手に見える。
入って数十メートル歩くと左手にホルモン焼肉縁の看板が出ている。

その隣にあるビルが渋谷プリティリゾートが入っている都路ビルだ。
2Fに「pretty resort」という黄色いネオンが輝いている。
百軒店を目指せばいいので迷うことはないはずだ。

渋谷プリティリゾートの料金設定は

お金渋谷プリティリゾートについたら入り口でボーイさんを待とう。
雑居ビルの店なのでさほど店内は広くないため、客が多い場合は少し待つことになる。
気になる料金設定だが、オープンから22時までは40分1セット10000円、22時からラストまでは12000円となる。
これだけみると割高だが、ドリンク飲み放題女の子も飲み放題のため、セット料金が安くドリンクが有料な店に比べると飲み方にとっては安くすむ

ただしおつまみなどを注文すると一部有料なので注意しよう
なお、本指名は3000円で場内指名は2000円、これらは他のセクキャバと同水準になっている。
この日のボーイさんは早口ながらもひとつひとつ丁寧に説明してくれた。
こちらがわからないことをわかりやすく答えてくれる好青年だった。

料金システムを確認したらいざ入店だ。

渋谷プリティリゾートの内装は

店内に入ると狭い空間に客が密集していて、熱気がむんむんと伝わってきた。
通常のキャバクラを南国リゾート風のコンセプトにあしらった内装は、気持ち遮蔽されている程度で他の客の様子が丸見えである。

その分照明を落としているのだろう。
渋谷プリティリゾートはダウンタイム制ではなく、常時おさわりが可能
したがって常時濃厚なイチャラブおっパブプレイを楽しむことができるのだ。
明るいと集中できないというシャイな人にとっては、このくらいの照明がちょうどいいだろう。

渋谷プリティリゾート 一人目 Aちゃん

金髪「こんばんわぁ、隣いい?」
まず最初にやってきたのは金髪ショートのAちゃん23歳だ。

最上もがのような雰囲気の彼女は舌足らずな喋り方で、言葉遣いもだらしなく今どきの若者を感じさせる。
だがそれを許してしまう抜群の愛嬌がある。
入店したばかりでまだまだ勉強中ということで、水割りの作り方など、仕草がぎこちない。
「いいよ、じぶんでやるよ」
というと
「だめぇ、私のやることがなくなっちゃう」
と言って作業を続ける。
仕方ないので水割りを作っている最中におさわりすると

「やーん、仕事の邪魔されるぅ笑」
と言って笑ってテーブルに氷をこぼしてしまっていた。
可愛いところあるじゃないか。
作ってくれた水割りをグイっと飲み干し、いよいよメインのおっパブプレイに入る。

彼女はキスの仕方が良かった。
目をつむりながら抱き着いてきて、積極的に舌をからませてくる。
なかなかフリー客に舌をからませてくれる女の子はいないのでこれは高得点。
肝心のおっぱいは小さめ、Bカップくらいだろうか、だが綺麗なピンク色の乳首の触り心地と感度が最高だ。

肌のハリ艶は10代と見間違う瑞々しさで、渋谷系ギャルを征服したような気分に浸ることができた。
しかし細身体型で抱き心地が弱いので、濃厚なおっパブプレイは楽しめず。
娘ほど年の離れたアラフォー近い筆者とは話が終始かみあわなかったが、一生懸命楽しませようとしてくれた性格は大満足
ここで時間がきたのでリリースした。

渋谷プリティリゾート 二人目 Nさん

黒髪 女性「Nです、よろしくお願いします」
二人目にやってきたのは妖艶なフェロモンが漂う大人系のNさん26歳だ。
先ほどのギャルとうってかわり、人妻系の店にでもきたような気分になるお姉さん系美女

顔は高嶋ちさ子を若返らせたような上品さがあり、大人の女性が好きな筆者のキカン棒がビンビンになるフェロモンがある。
ドレスが似合うスタイルで、スラっとながい脚、窮屈そうなバストの谷間、思わず手を伸ばしたくなる挑発的な体をしている。
「こんな綺麗な人もこんなお店で働いているんですね」
というと、Nさんは笑って否定した。

「ふふ、お世辞でもこれでサービス良くなるだろう」
その考えは甘かった。
普通こちらが何もしないでいると、「触ってもいいですよ」
と優しくリードしてくれるのが良いセクキャバ嬢だ。

しかしNさんはずっと会話を続けるだけで、リードをしてくれず、時間だけが無駄にすぎていった
「キスしていいですか」
というと近寄って目をつむってくれた。
どれほど濃厚なキスをしてくれるんだろうかと期待したが、舌は絡ませてくれず、事務的な態度がハナにつくようになってきた。

筆者はグイグイいける性格をしていないため、こーいう消極的な女性相手はすぐ萎えてしまう傾向にある。
上にまたがってのおっパブプレイも反応を噛み殺すように時間がすぎるのをただ待っているようにみえた。
一人めのAちゃんで盛り上がったキカン棒がなんだか盛り下がってきてしまい、時間いっぱい気まずい時間をすごしただけだった。
完璧そうな大人な女性にみえて、肝心なサービスは地雷接客。

時間が来ても当然延長はせず、見送りに来てくれたNさんだったが、最後まで事務的な態度が目についた。
筆者が悪いところがあったのかなー、と嫌な気分のまま帰路につくハメになったのだった。

まとめ

料金★★☆☆☆
女の子★★☆☆☆
筆者がいった日は混雑していることもあり、あまり当たりな女の子は来なかった
一人目はサービスと愛嬌は合格点も、体の面が不合格、二人目は身体の面と雰囲気は合格なのだが、積極性がなく事務的なところが残念。
料金面も割高で、内装面も目新しさがない。

別の日に当たりのキャストにあたれば別の感想を持つかもしれないので、次回行くことがあるならもっとネットで情報を集めてからいくことにする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする