完璧なセクキャバ!それは新宿のClubSLOW

新宿歌舞伎町はセクキャバの戦国乱世です。
セクキャバ店は今この時も、顧客の満足のため頑張って営業していることでしょう。
店はより良いサービスをお客さんに提供しようとがんばっています。
イベントやスタッフの教育、内装や求人までセクキャバは進化してきました。

その進化の最終形態がClubSLOWなんじゃないかと思います。
つまり完璧なセクキャバ
不満に思うことが一つも無い最高のサービス。
今のところ自分の中で一番のお店です。

完璧なセクキャバを求めてClubSLOWへ

Ok, GoodClubSLOWは夜から営業している店です。
営業開始の20時あたりの入店を狙って新宿へ。
JR新宿駅からドンキの通りに入り、突き当りまで歩きます。

そこから右に曲がってロボットレストランの看板めがけてまた突き当りまで、突き当たったら今度は左に曲がり歩いていきます。
また突き当りになるまえの左手側のビル、そこの3FがClubSLOWです。
エレベーターに乗ろうとすると店員さんに話しかけられ、そのまま店内に案内してもらいました。
割引クーポンをスマホで提示すると40分6000円になりました。

ここでは50分10000円が基本料金なのでかなりオトクです。
ただ会計は退店するときなので、ちょっとおっかない。
はしゃぎすぎてカードを使うようなことにならないよう気を付けます。
手と口の消毒を済ませて席に案内されました。

薄暗いですがゴージャスな内装になっていて、オープンな席になっています。
丸見えなのでちょっとはずかしいですが、開店したばかりの時間帯なので他のお客さんはまだいません。
なのでちょっと気がラクでした。
さあ、噂に名高いClubSLOWを堪能するぞ!と気合を入れてビールを飲みます。

1口のんだらすぐに1人目がやってきました。

レ・・・レベル高ぇ!どこからこんなかわいい新人をスカウトするの?

女性 シルエット「こんばんはー」とやってきたのはものすごい美少女です。
白い肌にウェーブのかかった黒髪がとってもキレイ。

大企業の受付とかでも通用するルックスがまぶしくて「え!すごい!かわいい!え!え!」とテンションがいきなり振り切れました。
「ありがとうございます、でも新人なんでよくわからなくて・・・」まだ入って1か月もしないらしいです。
業界自体も初めてで、どうしたらいいかまだよくわかってないとのこと。
「とりあえず・・・上に乗っていいですか?」といきなりのサービス。

ここで私はSLOWの教育担当者に「グッジョブ!」と!心の中で叫んでました。
たどたどしく私のヒザの上にのってきます。
おしりの感触が伝わってきました。

「さわっていい?」と聞いてからそのおしりをナデナデ。
ハリがあってすばらしい触り心地です。
「どうしてこの仕事してるの?」とおしりを触りながら聞いてみました。
「時給が良くて・・・スカウトされたから」ということです。
さすが歌舞伎町、このレベルの美女が普通に道を歩いてるんですね

「仕事楽しい?」ときくと「そうですねー、まだよくわからないです」といいました。
ここで私は迷いました。
おっぱいに行きたいのですが、無理にお願いして引かれないかと思ったのです。
新人だからやさしくおしりだけ触っておくことにしようかなあ・・・と躊躇していたら「上脱ぎますか?」とまたもや向こうから言ってくれます。

ホントこの店の新人教育はどうなってるんだ!最高!と頭の中で叫びます。
彼女のおっぱいはキレイなCカップぐらいで、モミモミすると「あん」とカワイイ声が聞こえます。
「イヤじゃない?」って聞くと「大丈夫、きもちいい」と100点満点の答え。
それじゃあいただきますと乳首に吸い付きました。
「んん!」と体をビクッとさせながらもだえます。
とってもいい反応に嬉しくなって、そのままペロペロと舐めまくりました。

ああ、ごめんなさい、もうダメ」というので口を乳首から離します。
「気持ちよすぎです」と、ほんとに新人?
というぐらいの回答です。
ルックス、サービス、そしていやらしさ。

どれもパーフェクト!ほんとにこんな女がいるんだとしみじみ感動していたら、顎をとられてディープキスをしてきます。
キスにおどろいていたら時間が来てしまいました。
指名することも考えたのですが、他にどんな女の子がいるかも気になります。
名刺を貰って、また会いに来ることを約束してお別れです。

魔性のおっぱいを持つ女

胸 女性1人目からClubSLOWのスゴさにやられました。
ビールを飲んで少し落ち着きます。
「それにしても完璧な子だったなあ・・・」と思い出すと場内指名しなかったことにすこし後悔します。

いや、次にくる子もサイコーかもしれません。
期待して待つことにしましょう。
「よろしくお願いします」とやってきたのは、ドレスから谷間がこぼれそうな巨乳ちゃんでした。
そして顔も美形!さすがに1人目ほどのルックスではありませんが、癒し系の和風美人です。

「仕事帰りですか?」うん、ここは初めて来たけどみんなかわいいね
「そうなんですよ、私なんて不細工で」いやいや、キミもすっごいかわいいよ
「ありがとうございます、ムネで勝負してます」はは、自分から言った
「ここぐらいしか勝てないです」そんなことないと思うけど、おっきいね
「ふふふ、ありがとうございます」

自然とおっぱいの話を振ってくれるやりやすさ!
話題にすることで自然と「さわっていい?」という流れになりました。

「じゃあ、上乗ります?」おねがいしまーす!
正面から見ると彼女のスタイルがとても優れていることが分かります。
ぽっちゃりしている所はあまり無く、胸だけが大きく発達してます。

腕や太ももは肉付きが良く、健康的。
そして腰つきはくびれていて、巨乳がとても強調されています。
いきなりおっぱいを揉むのもがっつきすぎと思ったので、おしりや足などを撫でました。
すると向こうはこちらのコカンを撫でてくれます。

彼女の股の下で私の愚息は痛いほどボッキ!こんなことしてたら念願のおっぱいにたどり着く前に力尽きてしまいそう。
「おっぱいみたい」といったら、微笑みかけてくれ「じゃあ、脱がせてください」と嬉しいことを言ってくれます。
ドレスのチャックを下して、ブラのフックをはずします。
この作業、とっても楽しい

興奮する私の前にあらわれたのは、理想的な巨乳でした。
どこまでも柔らかそうに膨らんだおっぱいは、まだ若いのでしょう、あるていどのハリをもってつりがね型にぶら下がっています。
それをやさしく手のひらでつつむと、つめたくそしてあたたかな感触が伝わってきました。
手のひらの形におっぱいは変形し、ぴったりと吸い付きます。

指をくいこませるとやはり埋まっていき、乳首のあたりはコリコリと硬い。
そこを触ると「んんっ!」と反応が返ってきます。
ゆっくりとやさしくおっぱいを揉みます。
乳首への刺激も最小限に、マッサージするように愛しく触るとどんどん興奮してきました。

それは彼女もおなじようで、ハァハァという呼吸をお互いしています。
我慢できなくなって「吸っていい?」と聞くと「お願いします」とのこと。
口に含んでやさしく舌を使ってころがします。

「んー!」という声、顔面はほぼおっぱいに埋まっています。
彼女の顔が見れないのは残念ですが、理想的なおっぱいにしゃぶりつく以上の快楽はこの世にありません。
ガチガチになったコカンを彼女の股に押し付けながら、おっぱいをモミモミちゅっちゅしてました。
時間が来てしまったので、交代してもらいます。

延長したら間違いなく暴発してしまうからです。

最終兵器!というかトークだけで満足っす

2人目もサイコーでした。
人生であれ以上のおっぱいに出会うことはもうないかもしれません。

さっきまで見ていた映像を脳みそに刻みます。
ガチガチになった私のアレは「もう満足!満足!ヘルスいこうぜ!」と言っています。
余りのインパクトに頭がボーッとなってしまって、思考停止の状態となってしまいました。
こうなってしまうとセクキャバではもう盛り上がることはありません。

事実3人目もかなりのルックス。
明るい髪色の嬢なのですが、とっても明るくていい感じでした。
「おつかれですか?」と言われたので、正直に「この店スゴイね」といいました。

2人目までで精力を使い果たしてしまい、もうヌキ系の風俗にダッシュしたいことを伝えます。
「キャハハ!それは良かったですね」と笑ってくれました。
でも、キミもかわいいよ。
「ありがとうございます、早くヌキたいんでしょ?」うん、お酒飲んでトークだけでいいよ
「あはは!お客さんかわいい」チューして
「いいよー」と彼女とキス。
そして私のコカンを触ってくれます

ああ、ちょっと、もう、ヤバイってと手をどかそうと思ったのですが、ねっとりと奥の方から触ってくれるので快楽に逆らえません。
キスもどんどん激しくなってきて、舌が私の口の中で暴れます。

舌と舌がねっとりと溶け合うようなキス
それからチロチロと刺激しあって、フレンチキスに戻ります。
彼女の唇と舌がさまざまな形や硬さになって、私の「キスして」という要望に応えてくれました。
彼女のキスのバリエーション豊かなことに驚きました。

これまでやってきたのは子供のキスで、大人の性的なキスとはこうだと教わっている気分です。
服の上からおっぱいをナデナデしつつ、彼女のキスをはがします。
そして見つめあって「うふふ」と笑います。
かわいい。

「チュッ」とかわいらしいキスをして終了です。
時間が来たので退店しました。

まとめ

3人回転すれば、1人ぐらいはハズレがいるのがセクキャバの常識です。

ですがClubSLOWはその常識があてはまりませんでした
どの子も延長指名したくなるレベルで、そして指名しなくてもハズレがないのがスゴイです。
特に感激したのが1人目の新人でした。
まだ何も知らなそうな未経験のシロウト感がたまりませんでしたが、それでもサービスはきっちりやる姿勢がとても嬉しかった。

これはきっと新人教育がとてもしっかりしているからでしょう。
彼女はすでに人気嬢になってしまったようですが、これからもClubSLOWの新人には期待できます。
料金も安くて男性従業員の接客も丁寧でした。
ここは欠点の見当たらない完璧なセクキャバと言っていいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする