出会って5分でおっぱいモミモミ!SUPER

男に生まれたからには多くのおっぱいを揉んでみたいもの。
セクキャバはそんな欲望をかなえる最高のステージです。
そのセクキャバにおいて驚異の在籍数と回転をすると言われているのが新宿の「SUPER ANGEL」。

忙しいときには5分で1回転するということですから、いったいどんな店なのでしょうか。

天使たちとの一瞬の出会いに期待を寄せて!歌舞伎町へ

天使SUPER ANGEL新宿店は歌舞伎町のさくら通りにあります。
JR新宿駅で降りて靖国通りへ、ドンキホーテよりも1本区役所のほうへ進みます。

歌舞伎町さくら通りのゲートをくぐって、歌舞伎町らしいカオスな看板のなかを進みます。
少し歩くと右手にUFOキャッチャーなどがおいてあるゲームセンターがあり、その隣にアニメ絵の女の子が書かれた看板が見えました。
これが「SUPER ANGEL 新宿」の看板です。
時間はまだ17時、16:50分開店ということですからほぼ1番乗りと思われます。

が、入店するとすでに数名の先客が。
さすが在籍数が自慢のセクキャバです。
みなさんオキニの嬢がいるのでしょう。
私はフリーなので受付のお兄さんにそう伝えました。

「ご来店は?」と聞かれたので、初めてであると言ったら注意事項の説明になります。
特に変わっているところはないのですが、フリーの場合場内指名ができないということに驚きました。
つまり付いてくれた女の子の中で気に入った嬢がいても指名できないシステム。

一期一会の出会いに全力で挑まなくてはいけません。
スマホのクーポンを見せて8000円払い、気合を入れて手と口の消毒をしました。
入場すると正面にモニターがあり、椅子が何脚も置かれています。
しきいはなく、明るさもやや薄暗い程度なので周りからは丸見え状態です。

でも恥ずかしがってはいけません。
ここは高速回転で有名なセクキャバなのです。
普段セクハラで訴えられないようにセーブしているエロエロおじさんモードを開放するべき時が来たといえるでしょう。
ビールを1口飲んだらすぐに1人目の女の子が来ました。

きゃんわいいねー!スーパーキュートな1人目

「こんばんはー」とやってきたのは小動物系のショートカット女子。
「え、かわいい、けど成人してる?」「えへへ、内緒です」ってテンションは上がるけど、おっかねー。

「大丈夫?おっぱい触ったとたんにタイホされたりしない?」「あはは、それは大丈夫ですよ」「じゃあ触らせてください」「はや!」
とちょっと怒られながらもすでに手はふとももを触ってしまいます。

ああ、スベスベしてとっても気持ちいい。
そのままふざけて「触らせてくだせえ!触らせてくだせえ!」と土下座のように彼女の太ももの上で三つ指をつきます。
純白でハリのある肌がまぶしい。
その嘆願が通じました。

「あはは、じゃあいいですよ」と軽くOKもらいます。
服を脱いで現れたのは小さくてきれいなおっぱい。
まだ熟れる前の青果のような美しさです。
顔を近づけて乳首をついばみました。

「ん!んん!」とすごい反応。
いやーダメ元で拝み倒してよかったとしみじみ思いました。
乳首を舌先でコロコロ転がして、もう片方の味も見ようと思ったらお呼びがかかってしまいました。
ってか、早っ!5分もいなかったのではないでしょうか。

やはり高速回転で有名なセクキャバなだけあります。
まったりとトークしているヒマはありません。
そしてゆったり休む間もなく次の嬢です。

フェロモン全開!妖艶なギャルを時間内に味わい尽くせ

香水次にやってきたのは色黒金髪のギャル。
「こんばんはー」とあいさつしたあと「上に乗っていいですか?」とかなり積極的なサービスです。
「もちろん!どうぞどうぞ!」とちょこんとギャルを上にのせて「さあ!おっぱいをモミモミしちゃおうかな」といやらしい手つきで襲いかかります。

ですが向こうも負けじと私の股間に手を伸ばしてきます。
お互いの気持ちいい所を触りあって行くうちに、私はダイレクトで彼女のおっぱいを、彼女も私の上着の下に手を入れて乳首をいじってきました。
そしてディープキス
彼女がつけている香水の匂いがただよってきます。

その匂いを嗅いでいると頭がボワーっとなってきました。
そんな私の耳、クビ、そして上着をたくし上げられて乳首を舐めてきます。
いままでやられたことないエッチなテクニックに驚きました。
くすぐったくもあり、気持ちよくもあります。

私の手はなんとか彼女のおっぱいを揉んでいるのですが、明らかに攻めているのは向こうのほう。
そのまま攻められっぱなしで終了しました。
彼女も短かったけど、内容の濃いサービスだったと思います。
まったく会話しなかったけどエロかったなー。

バドガールのエロい腰つきに興奮MAX100%!

次に来た子の服を見て「やった!」と言いました。
バドワイザーの柄のボディコンスーツを着ていたからです。
私はこのバド・ガールのエッチな服が大好きで、何度もオカズにしていたことがあります。

それが現実に目の前にいるのだからたまらない。
バド・ガールの彼女もその服に負けないエロいフェロモンを醸し出す美人。
体のラインが丸わかりなので、とってもエロい腰つきをしているのがわかります。
そして彼女も時間が無いのかいきなり「上いいですか?」と私の膝に着陸してくれました。
ぷにんとした尻の感触を確かめつつ、彼女のエロいラインを下からなぞります。

お尻がでっかいのに腰はキレイにくびれていて、それからおっぱいも結構ありそうです。
「さわっていい?」と聞くと「いまさらww」と言われました。
ぷりんとしたおっぱいを出してくれました。
Cカップぐらいでしょうか、形が良くてきれいなおっぱいです。
やさしくふにふにと揉みます。

股間がギンギンになってしまったので、バドガールの下からこすりつけました。
「あん」というカワイイ声を上げ、それから私の硬いモノを服の上からこすってくれます。
そしてバドガールを愉しむ最高のポイントを探します。
目線を下げることで、なんとか・・・とおもっていたら彼女の方から膝をあげてくれました。

「見えたー!」とパンチラ成功!いやーエロいなあ!
テンションが上がる私がアホにみえたのか「あはは!」と笑ってくれました。
「パ・ン・ティ!パ・ン・ティ!」とリズムに合わせて腰をグリグリ、彼女もパンチラさせてくれたまま腰を振ってくれます。
「あん」という声のあとしなだれかかってきてキス。

唾液を大量につかったねっとりとしたキスです。
舌を絡ませながら彼女のエロいフェロモンをたっぷりと吸引しました。
鼻孔の奥に届く性的な匂い。
顔を離すと彼女は眉をしかませたまま余韻に浸ってました。

その表情にフル勃起します。
いい女だなあ・・という感動に浸っていたら交代の時間になってしまいました。
再びバドガール姿を取り戻して、かわいいお尻をこっちに向けて去っていきました。

キター!4人目のスゴイやつ

胸時間的にあと1人でしょうか、それでも30分で3人のおっぱいをモミモミしたのでかなりの満足感。
普通の店なら会話や雰囲気づくりをしている時間帯がここではほぼありません。
なので同じ40分セットでも濃密におっぱいを揉みまくっていると思います。
そして最後にやってきたのは「キター!巨乳ちゃん」ドレスの谷間がグランドキャニオンのように深い!そして顔もカワイイ今日イチの嬢です。

その子は「しつれいしまーす」と横に座ってきました。
残り時間を使ってたっぷり彼女の乳を楽しませてもらいます。
なのでいきなり上に乗らなくてもぜんぜんOK。
でも首の後ろに手を回して彼女の右肩はつかんでおきます。

「ここスゴイね、働いてる子何人いるの?」と聞いたら「うーん、今は15人いないかな?」ってすごい数。
なんでも系列店同士の移動もあって、忙しい所に女の子を集中させているらしいです。

それでか、みんなサービスいいね「ありがとうございます」ところでキミ、おっぱい大きいね「うふふ」何カップあるの?
「Eですね」E!重くない?
「重いですよー」ホント?
確かめさせて「いいですよ」

ということで彼女が上に乗ってきました。
ボロン!とその大きなおっぱいを露出させて私の顔の上に乗せてくれます。
うはーすてきな感触!とろりと溶けそうなやわらかなおっぱいが乗っかってきて、あざやかな色の両乳首をコリコリすると「ん!あん!」と気持ちよさそう。
すっごい気持ちいい「吸っていい?」と聞くとおっぱいの位置を下げてくれます。

私の目の前に乳首が降りてきて、そのまま吸い付きました。
顔面が幸せな物質につつまれます。
幼児退行したかのように、でっかいEカップを吸いまくりました。

あーきもちいい。
ふと顔をみると、彼女も気持ちよさそうな顔をしています。
その表情がとってもセクシーで、つい見とれちゃいました。
それまで強く吸ったり揉んだりしていたのを切り替えて、フェザータッチに移行します。

あんまり時間はかけられないけど、焦らず指先を彼女の肌の上ですべらします。
エロい表情はもっと崩れてエロくなり、彼女の方から股間をごしごしこすりつけてきました。
うひゃーたまらん。
こっちの股間もさっきから暴発寸前だったので、服が無ければすぐに入っていたでしょう。

もちろんセクキャバなので求めるのはおっぱいのみ
こかんはあくまでおまけです!でも気持ちよさそうにしてる彼女が愛おしくなってきて、キスを求めました。
すぐにチュっ!とキスしてくれました。
そのキス顔もカワイイ。

その後は彼女の両乳首をコリコリしながらキスをチュッチュしていました。
あっというまに時間が来てしまって、延長するか迷います。
んー40分で4人の女の子のおっぱいを揉みまくりました。
これ以上やったら射精したくなって風俗に行ってしまうでしょう。

「また来るよ」と約束して店を後にしました。

まとめ

歌舞伎町らしいカオスな感じの店でした。
余計なトークや交渉はなくい、ひたすらにおっぱいを揉ませてくれるすばらしいセクキャバです。

短時間で何個もおっぱいをもんでいると「ひょっとして自分以上に幸せな人間はいないのではないか?」と思ってしまいます。
女の子の質も良く、そしてサービスも徹底してました。
最初の女の子だけあどけない感じでしたが、新人ということだったので仕方のないことかもしれません。
それ以降の彼女たちは、まさにセクキャバの精鋭たちという感じです。
勃起しすぎて苦しくなったのがいい思い出になりました。

もういっそのこと何も言わず、出会って3秒でおっぱいを揉んでやろうかとおもいましたが、それも向こうからすれば恐怖なはず。
やはりセクキャバ紳士らしく「揉んでいいかい?」と一言断るのが礼儀でしょう。
そんなセクキャバ紳士たちにとってSUPER ANGEL新宿店は外せないスポットのようです。
店から帰る時にも待機場所でむんむんとしたオーラを発している男たちがいました。
お互い言葉は発していませんでしたが、頭の中で「こうやって、こうして、こう揉んでやる」とイメージトレーニングをしているのでしょう。
なんといってもこの店では躊躇していたらあっというまに女の子が行ってしまいます。
逃したおっぱいはもう帰ってこないかもしれません。
無駄な延長料金を払いたくないなら、一期一会の精神で出会ったおっぱいは全力で揉みに行きましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする