川崎セクキャバピーチジョン(Peach John)での体験

ピーチジョンといえば下着メーカーが有名だが川崎には一風違ったピーチジョンがある。
それが川崎セクキャバPeach John。
この店は興奮度200%の女の子たちが最高級のもてなしをしてくれるエリア随一のハイテンションスポットだという。
本当に最高級のもてなしをしてもらえるかどうか、筆者が潜入調査をしてきたぞ。

川崎 Peach Johnはどこにある

さてそんなピーチジョンだが店は川崎駅の近くにある。
まずは川崎駅までアクセスしよう。
到着したら飲み屋や風俗の多い東口をでて仲見世通りを歩いていこう。

細い一本道をひたすら歩き最初の十字路をとおりすぎた20m先にピーチジョンのある日活プラザビルがある。
ここの3階でピーチジョンは営業しているのだ。

川崎 Peach Johnの料金設定は

電卓ではそのピーチジョンの価格設定、20時半からラストまでが1セット40分で7000円。

延長は20分なら4000円、40分なら7000円だ。
場内指名・本指名ともに2000円となっている。
もちろん割引クーポンもホームページには用意してある。
21時までの入店なら1セット7000円を5000円に値引きしてくれる。

21時以降なら6000円だ。
これを使ってすこし安くして楽しもう。

川崎 Peach Johnの内装は

ピーチジョンの内装は、その名前からピンクの華やかな空間と思いきや、全く違った暗く落ち着いた雰囲気

薄暗い照明に黒いソファ、白い円テーブルが二つならべられており、すだれのようなカーテンで少し遮蔽してくれる。
最新のLEDレインボーライトがテーブルに照射されムーディな雰囲気が一目で気に入った。
BGMがガンガンなっているのでノリノリでワイワイ飲むこともできる一方で、銀座のクラブのような高級感も感じる不思議な店である。
ピーチジョンのイメージでいう下着姿の女の子が闊歩してそうなものだが、Yシャツ姿やバスローブ姿の女の子が接客してくれるようだ。

川崎 Peach John 一人目 Rちゃん

「よろしくおねがいしまぁす」
さてまずやってきたのはふんわりとした丸顔が特徴的なRちゃんだ。
丸顔といっても太っているわけではなく、なんなら武井咲ちゃんに似ている美人ではないか。

彼女は25歳、昼職をしているらしい。
「どんな仕事をしているの」
「普通の事務職です」
「でもさあ、夜のほうが稼げるんじゃないの」
「そうですね、でもあまり出勤しないので」
こんな感じで特にオチもないお互いのことを聞き出していく。
彼女は男物のYシャツを着ていて、普通の服よりエロく感じる。
ムチムチバストが窮屈そうにボタンを圧迫。

普段自分が何気なく見ている前立て部分も女性が着ると凄まじいエロスを発揮する。
ほどなくすると場内が暗くなり、ショータイムがはじまった。
「上またがりますね」
Yシャツ姿の彼女が上にのってきた。
太ももの感触が気持ちいい。
まずは抱き合って軽くキス。
そしてハグをしてイチャイチャしたら、おっぱいモミモミ。
この感触、CからDの間だろうか、そこまで大きくはないが、揉みごたえは十分だ。
「見てイイ?」
頷いた彼女のYシャツボタンを外し、ハラリとはだけたシャツからナマのおっぱいを拝見。
少し乳首が小さめ、だが白い肌のツンと張った中心点は魅力十分。

夢中になってしがみつくと、彼女も筆者の下半身をさわさわしてくれた。
控えめな性格ながらすることはしてくれる健気な彼女。
ここで時間がきてしまう。
延長もしたかったのだが、やっぱりいろんな女の子をみたかったのでリリースした。

川崎 Peach John 二人目 Sちゃん

二人目にやってきたのはカーリーヘアが特徴的なSちゃんだ。
目と目が魚のように広い間隔の彼女はまだ新人らしい。
あまり容姿で差別したくないのだが、全く好みじゃない顔なので一人目で燃え滾ったキカン棒がシュンとしてしまった。
「おまたせしましたぁ」
お酒正直まったく待ってない、冷たくあしらうようにチビチビ酒を飲んでいると
「あらら、酔っぱらっちゃってるの?」
といいながら手を握ってくる。
可愛い子ならこんなことをされるとハッピーだが、好みじゃないコだと絶望でしかない
彼女もそんな気持ちを察したのか、途中から静かになった。
だがショータイムが始まったらお互い仕事をしなくてはいけない。

上にまたがってきた。
そりゃぁ元をとろうと筆者も頑張って胸を揉み、キスはするものの、いちゃいちゃ感もなく、気まずい時間だけがすぎていく
ピーチジョンの名誉のために言うと、彼女は盛り上げようと必死だった、地雷接客はしていない。
むしろ筆者の気持ちが離れてしまったので最後まで塩対応となってしまった。
「ゴメン、Sちゃん!」
と思いながらここでゴング、試合終了。
気持ち的には1ラウンドでタオルを投げ入れていたので、20分がやけに長く感じた。
ボーイさんに延長かどうか尋ねられたが二つ返事で帰ることにした。
「一人目がハズレで二人目が当たりなら帰りの空気も違うのになぁ」
としんみりしてしまった筆者は帰り道一杯ひっかけてから帰路に就いた。

まとめ

女の子★★★☆☆
料金★★☆☆☆
微妙な店かな。
Yシャツという衣装はすごく良い。
ただ女の子の当たりとハズレが激しい。

まあフリーなので当たりはずれは仕方ないとしても、二人目がないわー、後味が悪すぎた
ボーイさんの態度も悪くないし、料金設定も平均的。
指名でオキニの女の子を絞って遊びに行くならそこそこ楽しめるだろう。
筆者はもう行きません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする