唇の魔法とは!錦糸町Lip Magicの秘密を追え!

おっぱいも好きだがキスのほうが好きという男性は多いはずだ。
筆者もそのうちの一人である。
やっぱり風俗慣れしてないういういしい若い美女と舌をねっとり絡ませたDKはセクキャバならではの醍醐味の一つ。
そんな脳みそがとろけるような「唇の魔法」を店名にしているのが錦糸町にあるLIP MAGICだ。

この店は大手グループならではの潤沢な資金をつかってエリア最高級の美女を集めているらしい。
果たしてここで本当に唇の魔法を起こしてくれるのか、筆者が潜入調査してきたぞ。

錦糸町Lip Magicはどこにある

さてそんな錦糸町リップマジックだが、最寄り駅は錦糸町駅だ。
まず駅までアクセスしたら北口を出よう。
金色のバカでかいドーナツのようなオブジェがある。
(筆者の大学の先輩はゴールドウンコと呼んでいた)

どうやらこれはECHOとよばれる音楽記号をモチーフにしたオブジェのようだ。
そのゴールドウンコを通り過ぎそのまま信号をわたって直進しよう。
信号をわたって吉野家と松屋に挟まれているビルがリップマジックのあるナカズビルだ。
この4Fでリップマジックは営業しているぞ。

錦糸町Lip Magicの料金設定は

砂時計 お金さてそんなリップマジックの料金設定だが時間帯によってかわる。
まず19時から21時までが1セット40分で4000円、そして21時からラストまでが6000円だ。
延長は20分で4000円で40分だと7000円。
指名料は場内ともに2000円となる。
これだけだと割高なのでクーポンを使おう、初回フリーに限り40分4000円のコミコミ料金で遊ぶことができるぞ。

錦糸町Lip Magicの内装は

さてエレベーターで4Fにあがり、受付を済ませる。
ちょっと早い時間帯だったので支度に時間がかかり、結構待たされた。
クーポンにはTAXが含まれてないということで、やや上乗せされたのだが渋々したがった。

ここで一度帰るそぶりを見せると引き留められ安くなる値切りテクニックもあるのだが、やめといた。
あまりケチケチしてると「金のないヤツ」と思われてハズレのろくでもない女の子をつけられるかもしれないからだ。
待つこと20分くらいだろうか、ようやく案内される。
リップマジックの店内だが入ってみて驚いた。

白いソファーに四角いテーブル、人の目を遮る観葉植物、これ自体はよくある。
だがミケランジェロのダビデ像のような胸像が置かれていたり、唇を大きくうつした店のコンセプトアートが飾られていたり、全体的にアートな空間なのだ。
高級感とオシャレなイメージを調和させた店内にはなぜか80年代のJ-popソングが流れていて、なんともいえない奇妙な雰囲気につつまれていた。

錦糸町Lip Magic 一人目 Aちゃん

さて最初にやってきたのはAちゃんだ。
笑顔がイヤミのない綺麗なお姉さん系、薄暗い状況だがなんとなく昔東大タレントとして名をはせた八田亜矢子に似ている。
「いやあずいぶん待ったよ」
「ごめんなさい、その分がんばっちゃう」
衣装は赤いドレス、おっぱいのサイズはDカップくらいだろうか、デコルテラインが輝いていて、妖艶な美しさがある。
太ももは普段ジムで動いているのだろうか、たるみがなく引きしまっていて、肌の艶やかさに思わず生唾を飲み込む。
店内で筆者の知らない女性歌手の歌が流れていて彼女が思わず口ずさんでいた。
「これ好きなの」
「すいません、カラオケでよく歌うから」
「今度一緒に行こうよ」
彼女はまだ20歳になったばかり、この業界にはいったばかりだという。
ういういしく、人気あるんだろうなと直観でわかった。
「あたしも何か飲んでいいですか」
いきなりきたおねだり。
正直サービス前におごるのは気が引ける。
具体的に何かをされてからおごるのはやぶさかではないが、まだなにもされてないのだ。
しかしこの日は長く遊ぶつもりもなかったので太っ腹で攻めた。
「まあいいよ、何飲む?」
彼女はソフトドリンクを注文。
酒はあまり飲めないらしい、というより飲むとあとの出勤に響くそうだ。
「酒飲めないとこーいう店つまらなくない?」
「でも〇〇さんみたいな男性とおしゃべりするのは楽しいですよ」
ドリンクをおごったからだろうか、若干ヨイショが多くなった
他愛もない会話を5分くらい重ねただろうか、やがて照明が暗くなった。
この錦糸町リップマジックではショータイム制となっている。
「じゃ上乗りますね」
さきほど生唾を飲み込んだ魅惑の美脚が筆者の足に絡んでくる。
さわさわするとまるでストッキングをはいているようにスベスベする。
まだ20歳そこそこ、このハリ艶は乾燥肌の筆者はうらやましい限り。

目の前にある二つのふくらみ、一体この細い体からなぜこのような豊かな果実が実るのだろう。
目で合図して許可をとり、二つのふくらみに手を伸ばす。
気持ちよく発育されたその双丘は手のひらいっぱいに幸せを運んでくる。
揉み、揺らし、こねくり、埋める。
彼女は恥ずかしそうな顔をしているだろうが照明が暗くてよくわからない。
やがて彼女がハグをしてきた。
「キスしようよ」
「キス好きですか?」
「下手したらヌキより好きかも、濃厚なの頼むよ」
「はぁい」
気持ちよい返事。
まずは軽くキス。
唇を重ねる程度だったが、唇の柔らかさは絶品だった。
そしておっぱいを見る。

授乳経験もなく、男に吸われた回数もまだわずかだろう。
このまま店で働き続けると、だんだんこの乳房も穢れてしまう。
その前に筆者が味わっておこう。
唇に乳房をはさみ、舌先で舐めたり、軽く甘噛みをして乳首の柔らかさと味わいを楽しんだ。

彼女は時折「あん」と悶えながら耐えていた。
顔を見合わせた時は困り眉になっていて、非常に可愛かった。
それから味わう劇場型のキスがたまらない。
最初のバードキスと違い、スイッチの入った彼女が濃厚に吸い付くように舌をからませてくる。

おっパブプレイでキカン棒が怒張していた矢先の濃厚ディープキスに筆者も失神するほど気持ちよかった。
「Aちゃん、キスうまいね」
「うふふ」
彼女ははにかみながら飲み物と氷を口に含んだ。

そして再びキス。
溶けた氷をこちらの口の中に送ってくる。
ジュースのまろやかな味わいと氷のひんやりした感触、そして彼女の滑らかな舌が口の中で暴れまわり、筆者の口内がカオスと化す。
あまりにも強烈なキス攻めにキカン棒をおさめるパンツがびしょびしょになってしまった。

「これが唇の魔法かぁ・・・」
朦朧とした意識の中で筆者はこの店名を思い出していた。
LIP MAGIC、たしかにキスからはじまる魔法がそこにはあった。
やがてショータイムが終わり、何事もなかったかのように隣に座る彼女の姿。

ボーイさんがきて時間のおしらせ。
「どうします?キープしてもらえればまだまだ遊べますよ」
「やめとくよ、これ以上やったらパンツの中で暴発しちゃう」
と言い訳して彼女をリリースした。
彼女は顔も体もサービスもタイプだったが、まだ他にそれ以上の女の子もいるかもしれない。
初回フリーならいろんな女の子を楽しみたい。
とりあえず最初の女の子Aちゃんは大満足だった。

錦糸町Lip Magic 二人目 Yちゃん

女性 唇さてつづいてやってきたのは妖艶なフェロモンが漂う大人系キャストのYちゃんだ。

身体はバレリーナのように細く、足と手はスーパーモデルのように長い。
「スタイルいいねえ、なにかやってたの?」
「バレーを」
バレエと聞き間違えたがバレーボールのほうらしい。
といっても中学までで、高校に入るとクラブ活動はやめてしまい、ガチ勢ではなくなったようだが。
彼女はおっぱいはCからDくらいだろうか、そこまで目を引くサイズでもないがとにかく手足の長さが印象に残る。
色も血管が透き通るほど白く、強い衝撃をあたえたらひしゃげてしまうのではないかというほどか細い。
「モデルさんみたいだね」
「ありがとうございます」
受け答え、相槌の仕方、質問の仕方、かなりしっかりしている。

マナーがなってない女の子も多い中、この素養は素晴らしい。
会話をしていてイラっとするようなノイズを感じることは最後までなかった。
大人の女性という感じだ、人妻系列の店でも人気が出るだろう。
照明が暗転し、肝心のサービスチェック。
「上、失礼します」
まず上に乗ってきた彼女だが、長身のため、普段の女の子より顔が遠い。
筆者の寸胴体型が惨めに思えるほどスタイルが良い。

長い腕を首に絡ませてきてまずは密着キス。
舌は絡ませてくれなかった。
肝心のおっぱいは、抜群のスタイルにしてはややものたりないボリューム。
乳首は小さめですこし赤黒い。

押したり弾いたりつまんだりして指で弾性検査を堪能したら、口に含ませて舌を転がして弄ぶ。
我慢してるのか、反応は強くない。
接客は満点だが、このあたりのいちゃいちゃ感やういういしいさに若干の物足りなさを感じた。
再度目が合ったのでキス。
一人目のAちゃんのようなリップマジックを味わいたかったのだが、残念ながら浅いバードキス以上の濃厚サービスはしてくれなかった
この調子なら一人目をキープしておけばよかったかなー、とおもっているとお時間のお知らせ。
ボーイさんが近づいてきて延長を催促してくる。
女の子も延長すればもっとサービスできる、といった表情でこちらをみていた。
「どうします、今日は延長少しお安く提供できます」
「帰ります」
即答だった。
やっぱり、満足なサービスは延長前、ドリンクおごる前までにやってほしい。
そうした駆け引きされるくらいなら帰る
一人目はたのしかったリップマジック、二人目はやや不満の残る内容だった。

まとめ

女の子★★★★☆
料金★★★☆☆
当たり展開だけどもうちょっと勝ちたかったなーという印象。
パチンコで言えば2000円くらい買ったぞという辛勝展開でやや物足りない。
もっと大勝ちしたいだけにやや不満が残る、だが負け試合よりは全然よい
一人目の女の子が抜群だった。
キスが最高に気持ちよく、常連化するレベル。
顔も可愛いしおっぱいもよかった。
二人目はスタイルは抜群だが、やや事務的なサービスといちゃいちゃ感がないのが残念。
何度もフリーで楽しむ店ではないのでオキニの女の子を見つけて指名で遊ぶほうがいいだろう。
完全なるハズレ店ではないだけに評価が難しいがたしかに店名通りの唇の魔法は味わえた、それだけは高評価である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする