キャストクオリティーはキャバにも劣らない?「上野SantafeNeo」で楽しい一時を。

この世には一体どれほどの種類の「夜の社交場」があるのでしょうか?
基本的に知名度が高いのは、やはり「キャバクラ」であり「スナック」ももちろん含まれると思えます。

そのお酒を嗜む夜の社交場に、欲望を加えていくと業態は変化をしていきます。
その変化形態によって業種が増えていき、「セクキャバ」になり、「いちゃキャバ」になり…と様々な男の欲望を叶えて来ました。
そこには、欲望と価格が深く関係し、どの時代においても沢山の男たちを癒してきたのです。
いやー。

なんだか、難しい話の出だしになってしまいましたが、今回は「ランジェリーパブ」「ランジェリーキャバ」に行ってきましたというお話なのです。
普段は、おじさんは日々のストレス解消を、可愛い女の子ちゃんに癒してもらうことで発散をしているのですが、大概が単独で店舗に向かっています。
連れだって行くことや、群れを成すことが嫌いな訳ではありません。
一緒に行く友人がいないんだなと、思った方も多いでしょう。

しかし、それもハズレです。
一緒に癒されに行く友人は、多くはないですがいるのです。
では、何故単独行動が好きかというと、まず一緒に楽しめる時間が少ないからです。
酒通常の居酒屋や、キャバクラと違い、おじさんが好むセクキャバなどは接客を受けている時間は大概が女の子と二人が多いです。

店舗によっては、そうでない場合もありますが、極稀です。
それにもし、お気に入りの女の子が見つかって、延長したいと思った場合でも一緒に訪れた友人などがいる場合には、気を使わなければなりません。
最悪の場合は延長を諦めて、一緒に退店なども考えられます。
出会いは一期一会ですので、次に会った時や次に店舗に行った時などと考えていると、チャンスを見逃します。

だから、おじさんはセクキャバなどの皆でワイワイ、ガヤガヤ飲み明かす場でない限りは単独で動くことを心に決めています。
大分遠回りしましたが、本題に移ります。
友人たちと居酒屋で飲んでいた時の出来事です。
「最近さ、歳をとったよね。本当に。」
しみじみと語りだす友人。
聞けば、女の子の下着を見てしまったが、自身が反応もせずに男として自信が無くなったといった内容でした。

その話から発展し、この歳になっても視覚だけの情報で興奮したり、満足したりが若い頃の様に出来るのか?
という正に検証じみたことを試すこととなり、結論からいうと、皆で久しぶりに「ランジェリーパブ」に行ってみようという流れになったのです。
そこで白羽の矢が立ったのがおじさんです。
その類の情報に正通しているというイメージがあるのでしょうか。

しかし残念ながらおじさんは、「セクキャバ」や「キャバクラ」は多少の知識や情報は得ているつもりですが、「ランジェリーパブ」は経験が非常に薄いです。
そこで、トイレに行く振りをして緊急リサーチです。
そこで目に留まったのが、「上野SantafeNeo」です。
激戦区と言われる上野で営業を続けていける店舗はそれだけでも優良店の証。

リサーチ中に閲覧しているオフィシャルホームページも非常に良い出来です。
ホームページが見やすくて、情報が充実していると非常に、おじさんの個人的評価が高いのです。
なぜならば、知りたい情報をしっかりと知ることが出来れば、お客は安心して店舗に向かいます。
つまりは、増客に繋がっていくのです。

増客が引き起こす現象は、「儲け」で儲けがあれば、店舗が潤い、必然的に女性キャストのクオリティーが高まります。
単純に考えても、これだけの見込みを見据えてしっかりとホームページ作りを店舗側には頑張って頂きたいです。
えっ?
何様だって?
おじさまです。
はい。
本題に行きましょう。

店舗情報

所在      東京都文京区湯島3-45-10 パークアベニュー24 2F
TEL     03-3833-6922
営業時間    19:00~25:00
定休日     日曜日・祝日

料金システム

電卓1セット(60分)ハウスボトル飲み放題 19:00~19:59 6000円
20:00~20:59 7000円
21:00~25:00 8000円
延長料金     30分  4000円
指名料金          2500円
場内指名料         2000円
同伴指名料         2500円
延長方法          1セット終了後、自動延長制
TAX・サービス料     20%
カード手数料         5%

ボトルメニュー

・JINRO(5000円)・チャスミル(6000円)
・ヘネシーVSOP(35000円)・ヘネシーXO(50000円)
・IWハーパー(8000円)・IWハーパー12年(23000円)

ドリンクメニュー

ソフトドリンク(グラス各1000円~)
・ウーロン茶・緑茶・グレープフルーツジュース等 他多数
割りもの (梅干し・レモン各1000円)
(ソーダ・ミネラルウォーター各2本づつ1500円)
ビール(各1000円)
・生ビール・シャンディガフ・レッドアイ
カクテル(各1000円~)
・ジン・テキーラ・ウオッカ・カシス・カンパリベース等 他多数

シャンパンメニュー

カフェ・ド・パリ(8000円)
MOET&CHANDON(白) (16000円)

DOM Perignon(白) (50000円)
DOM Perignon(ロゼ)(90000円)
ワイン・日本酒等もあり、フードメニューも多数

楽しい夜のお話

女性 夜さて若かれし頃の、自信を取り戻すべく、オジサンたち御一行が向かったのは、上野から鈴本演芸場近隣の仲町通り。
友人達とお酒を飲んでいると大概が酔い過ぎていて道や、行動に対しての記憶が乏しくなるのです。
入店し、キャバクラなのか?と言う位にはしゃぐ良い年をしたおじさん御一行。

多すぎず、少なすぎない妥当な人数での入店であったと思うのですがマンツーマンでは女の子は付かない模様です。
先ほどキャバクラでは無いといった内容の記載をしていますが基本的にはキャバクラと変わりません。
ランジェリーパブといっても、お触りはご法度。
ですから、キャバクラにいる女性キャストが全員下着姿であると考えれば一番でしょう。

さてここで、オジサンたち御一行に接客をしてくれている女の子ちゃんたちはというと…
「容姿」「スタイル」は間違いなく、キャバクラレベルです。
キャバクラに移籍したとしても充分に通用するレベルの女の子たちばかりです。
接客技術もキャバクラ並みで一流です。

むしろ、しっかりと気を張っている感覚は、安いキャバクラであれば凌駕していると思えます。
さてさて肝心の検証タイムといきましょう。
と真面目なおじさんは、真の目的である、下着姿の女の子とお酒を飲んでいるだけで満足でき興奮できるのか?
をきちんと検証しようと試みますが…

友人たちは、すでにそんなことはどうでも良い模様で、完全に楽しんでいます。
ランジェリー姿の女の子ちゃんが入れ替わる度に、お尻を目で追い…
隙あらば胸元を覗きこみ…
ここに来ることになった原因の言葉と悩みを発した、友人に至っては…

嫌がられながらも…女の子ちゃんの脇の下の匂いを嗅いでいます。
興奮しないとか反応しないとかの言葉を信じた自分が馬鹿でした。

まとめとして

ランジェリーパブは、何歳になっても男の聖地であり希望であることが再確認できた夜でいした。

上野SantafeNeoは、本当にキャバクラ並み、それ以上のキャストクオリティーであり、営業、接客技術も、キャバクラに劣らないものを持って営業していることが実感できました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする