本当にいい店舗です!若い子が多くて楽しいラブリミットへ行ってみた

本当にいい店舗です!若い子が多くて楽しいラブリミットへ行ってみた
東京に遊びに来たのに、女の子と何もできないまま帰るのはとても寂しいものです。
そのためどこでもいいからとりあえず遊べるところがないかなと探していました。
新宿には多くの店舗が営業しているので、どこに行けばいいのか迷いましたが、いい店舗を1つ見つけることができました。

それがラブリミットです。
ラブリミットを利用してよかったと思うところと、実際に利用した内容について紹介します。

ネットで調べて安い店舗だとわかったので利用してみた

財布私は他の目的で東京に来たので、あまりお金を持っているわけではありません。

一応ATMなどで引き出せばお金は用意できるのですが、そうしたお金を引き出してまで遊びたいという感じではありません。
そこで安くて楽しめる店舗がないのか探してみることにしました。
最初は風俗関連の店舗を探していましたが、どこも結構高いように感じられたこともあり、風俗は断念しました。
やはり店舗に行ってゆっくりと楽しめる場所がいいなと思ったので、キャバクラなどを検索してみることにしたのです。

風俗店以外の店に入ることはそんなに多いわけでもありませんが、楽しめる店ならどんどん行きたいと考えていました。
ここでキャバクラを検索していくのですが、キャバクラの利用料金なども高いなと感じてしまいました。
もっと安くて楽しいところがいいと思っていたのに、これだけの価格を支払うことになるのは少し気が引けるなと感じました。
そこでもっと安い店舗を探していったのですが、ここでキャバクラではなくセクキャバが該当していったのです。

セクキャバ自体、そんなに利用したこともなかったので、本当に楽しめる場所なのかなと不安に思うところがありました。
実際に検索していく中で、一番安いと感じられたのがラブリミットでした。
利用料金がそこまで高くないこと、指名料も金額的には安いと感じられたこともあり、ここなら安く利用できるのでは?
という気持ちが出てきました。

キャストの情報を見ても若い女の子が多いように感じられたので、割といい店舗だと思い、2時間程度遊べればという気持ちで行くことにしました。
新宿駅から近いことも判明していたので、短時間で移動できるのはいいと思いました。
ホームページには、どのように移動すれば店まで行けるのかは書かれていませんが、ある程度グーグルマップなどを利用して場所を把握できたので、そんなに移動に時間がかかるという状況ではなかったです。
ほんの数分で場所を見つけることに成功しました。

ラブリミットへ入店してゆっくり待つ

ここからラブリミットへ入店していくのですが、店内では他のお客さんが既に楽しい時間を過ごしていました。
この店は大体60分程度の時間で楽しめるキャバクラで、短時間でいい時間を過ごせると説明がありました。
私も初めてだったこともあり、最初は60分から利用していくことにしました。

60分のサービスで、大体2人の女性が来てくれるシステムですという説明がありました。
とりあえず席に座って待ち続けることにしました。
空いている女性の中から相手をするフリーがここから始まります。
フリーの場合は、女性を選べないという問題点はありますが、ある程度いい女性を見つけるまで変更できる点はいいところです。

そして、ようやく1人目が入ってきたのですが、この女性がなかなかいい人だったのです。

1人目の女性との接待

ギャンブル最初の女性との接待が始まりました。
最初に自己紹介をします。

名前を伝えて話を始めるのですが、リードしてくれるタイプの女性だったこともあり、私はとても楽に会話ができたことを覚えています。
リードしてくれないと、なかなか会話が続かなくて苦労するのですが、話し上手な人だったこともありとても安心して任せられました。
ここで趣味とか普段何をしているのかなどを話していきます。
相手の方の趣味はギャンブルだったようで、ギャンブルに関連する話を長く続けていました。

私はパチンコは遊ばないので話についていくのが正直厳しいように感じていましたが、競馬の話であればついていけたのでまあよかったかなと思います。
同時に感じたことは、ギャンブルというのは色々と大変なんだなということです。
以外にも苦労していることを話してくれました。
ある程度いい時間が過ぎたところで、触っていい?という話をしました。
当然そうしたお店なのでいいと返してくれて、胸を触っていくことにしました。
サイズとしてはそこまで大きいようには感じられません。
普通くらいのサイズだと思います。

それでも普通サイズなのにそれなりに大きいように感じられるのは、やはり最近の下着などが変わってきたからかなと感じる点もありました。
胸を触っていた時に、キスも一緒にしようという話を持ち掛けてきました。
セクキャバってキスOKなんだ…ということをここで初めて知りました。
周りを見ているとみんなキスをしていました。

しかもディープなキスだったので、そんなことしてもいいのと正直思ってしまう部分もありました。
でもOKだからという答えが返ってきたので、そのままキスをすることに。
これがまたすごくよかったんです。
キスに慣れていなかったこともあり、最初のうちはリードしてもらう感じでキスを続けていました。

もちろん胸を触った状態でキスをしているので、まるでエッチなことをこれから始めるような印象を持ちました。
徐々にキスを続けていると、どのような感じでキスをすればいいのかがわかってきて、ディープキスにも慣れてきました。
キス上手になったね
と言われると照れてしまいます。

本当にそうした感じでキスを続けて、いつの間にかフリー指名が終わってしまいました。
ここで延長するかどうかの判断を迫られます。
これほどまでにいいサービスを行ってくれる女性だからもう少し指名したい。
でも他の女性も気になるという状態になってしまったので、結局延長をすることをせず、他の女性をお願いすることにしました。

いい女の子だったので、もう少し長く一緒に居たかったのもありますが、フリー指名ならではという迷いが延長と本指名を避けることになりました。

2人目の女性と接待を開始

コスプレ次に来た女性は、コスプレをしていました。
結構派手なワンピース系のコスプレで、お尻などがすでに見えそうな感じでした。

お尻を触ってくださいと言っているような雰囲気がどんどん伝わる感じで、もう触りたくて仕方ない状態に変わってしまったのです。
当然ですが最初は自己紹介をして落ち着きます。
自己紹介をしてからとりあえず話をしていくのですが、これが上手に続かない。
思っていたほど話が上手な女性でもないし、趣味も合わない感じで全然会話が弾まない印象を受けました。

これじゃ駄目だなと思って色々聞き出してみるものの、ある程度情報を隠しているような女性なのか話をしてくれず仕舞い。
これでは会話が続かないので、結局触ることにしました。
まずは胸を触っていきます。
胸のサイズは先ほどの女性よりもかなり大きく、明らかにボリューム感はありました。

ただ、触っている時に少し違和感が。
先ほどの女性に比べてサイズが大きいのに固い。
もしかして豊胸してる?
という思いが頭の中に浮かんできました。

でも豊胸してるなんて聞いてしまうのは失礼ですし、相手の方も答えたくないでしょう。
だから聞かないことにしました。
ちなみに私は風俗で豊胸している女性の胸は何度か触っていますが、最近の豊胸は固さがわからいづらいので、意外にも男性が気づくようなことは少ないんですよ。
でもこの人の胸はなんとなくわかりました。

胸を触ってある程度の時間が経過すると、「キスしようよ」という一言が来ました。
キスしてもいいという合図だったので、またディープキスをしました。
先ほどの女性に比べてややぎこちない印象を感じているので、キスも上手じゃないのかなというイメージが強くなりました。
ただ、必死にキスをしているような感じはすぐに感じられました。

キスを続けていると、お尻も触っていいよという感じでアピールをしてきます。
上に少し乗ってきて、お尻を触りやすいようにポーズを取ります。
胸を触るのもいいですが、お尻を触ることも結構いいもので、大きなお尻をこれでもかという感じで触っていました。
同時にキスをずっとしていました。

周りの人に結構見られている印象はあったものの、やはりキスというのは周りを見えなくするような行為なんだなと改めて気づきました。
こうしてキスを続けて胸とお尻を触り続けていると、時間が来たことを告げられました。
ここで延長するかどうかの選択がまた行われます。
延長したいけどさっきの女性がいいなと思ったので、この女性との延長も避けることにしました。

スタッフに、「先ほどの女性をもう1度指名したいのですが」という話をしました。
お客さんがそこまで多くない時間だったこともあり、「空いているようなら延長したうえで対応します」という感じの回答でした。
延長料金などの説明を聞くと、少しぞっとする金額が。
最初の利用料金よりも明らかに高いじゃないかと思うような料金で、しかも延長は20分だけ。

でもやっぱり最初の女性ともう少しいたいと思ったので、結局延長を希望して先ほどの女性を付けてもらうことにしました。

延長でもやっぱりディープキス

延長を行ったときに、先ほど指名した女性が来てくれました。
指名を行ってくれたことを喜んでくれたようで、席に着くなりいきなりディープキスを行ってきました。

キスをしてどんどんいい雰囲気になっていくと、自然と体を触っていました。
胸に手を入れたり、お尻の部分を触れたりという感じで、どんどん触る回数は増えました。
同時にキスのテクニックも上手になっていたような気がします。
キスが終わると少しドリンクを飲んで休憩します。

ただ女性用のドリンクは準備されていません。
女性から「私の分も欲しいな」というおねだりが入りました。
どうやら女性用のドリンクは2000円からで、結構高い金額だったことに少し驚きを隠せませんでした。
でも、女性を悲しませたくないし、男なら少しだけ見栄を張って渡してあげたいという気持ちもあったので、結局女性用のドリンクを注文しました。

注文すると「うれしい」と話してまたディープキスを始めました。
「もっと触ってもいいよ」という感じで手を胸の中に入れてきて、どんどん胸を触らせてくれました。
そんなことを言っている間にドリンクも届いて、少し休憩して話をすることに、色々と苦労していることを先ほど話してくれましたが、ラブリミットで働いていることが楽しいと話していました。
やはり色々な男性と一緒に居られる時間が好きらしく、このまま仕事を続けてナンバーワンになりたいという思いがあるようです。

私も少し貢献できたことが良かったなと思っています。
ドリンクをある程度飲んだら結局またキスをして触っていました。
そんな感じであっという間に延長の時間も過ぎてしまいました。
また延長を続けるかどうかの選択を迫られますが、予定の時間を既にオーバーしていたこともあり、これで退店することに。

相手の女性が少し悲しい顔をしていたことを今でも覚えていますが、「また来るから」ということを話すと喜んでくれました。
料金は合計して2万円程度かかっていたと思います。
半分以上は延長料金と場内指名、そして女性に提供したドリンクの価格です。
延長しなければ半分程度で済んだと考えると、少しお金を使いすぎじゃないかと感じる点もありました。

でも楽しい時間だったのでこれくらいは仕方ないと感じ、また行けることがあれば行きたいという気持ちをもって店を出ました。

ラブリミットを利用したことの感想

ラブリミットに入って思ったことは、セクキャバも馬鹿にできないということです。
新宿で遊べる場所はとても多いのですが、その中でも遊びやすいようなイメージを感じられました。

また、女性が若くて積極的、更にはスタイルのいい女の子もそれなりに居たように感じているので、とても遊びやすい店舗だと思います。
同時に感じたことは、女性によって少しサービスに差があるのかなと感じる点と、ラブリミットに行けばキスのテクニックなども上達することでした。
女性の扱いがわかったことで、これからの性生活には生かせるかなと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする